「木皿泉」おすすめ作品一覧

  • 作者名:木皿泉(キザライズミ)
  • 職業:脚本家

和泉務と妻鹿年季子夫妻の共同ペンネーム。『すいか』、『野ブタ。をプロデュース』など多数のテレビドラマの脚本を手がける。小説『昨夜のカレー、明日のパン』や『すいか シナリオBOOK』、『野ブタ。をプロデュース シナリオBOOK』、など自身がドラマ脚本を書いた作品も本として手がける。

作品一覧

2016/07/01更新

ユーザーレビュー

  • 昨夜のカレー、明日のパン

    いわた書店一万円選書
    一冊目です。

    まず木皿泉さんの「すいか」がとてもとても好きだったので、こちらの本の存在は知っていましたが、文庫になったら買おうかなぁと思いつつ忘れていました。
    いわたさんから届いた本の中にこちらが入っていて一番初めに手に取りました。

    全体を通して悲しくはないけれど胸が締め...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 昨夜のカレー、明日のパン

    登場人物それぞれが突拍子のない行動をしがちなのに、それがあったかくてほのぼのしてて、日常が静かに流れてる感じが好きなとこ。

    Posted by ブクログ

  • 木皿食堂

    前回の木皿食堂がたまらなく面白かった。
    今回も同じく、手元に置いておきたいなと思う1冊。
    短いエッセイの中に込められている内容の濃いこと。
    どれも気持ちの奥をじんわりと熱くするような素晴らしい文章ばかり。
    対談、講演になってもそれは変わらず。
    地に足がついて、経験から言葉を発している、こういう文章を...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集