「木皿泉」おすすめ作品一覧

「木皿泉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:木皿泉(キザライズミ)
  • 職業:脚本家

和泉務と妻鹿年季子夫妻の共同ペンネーム。『すいか』、『野ブタ。をプロデュース』など多数のテレビドラマの脚本を手がける。小説『昨夜のカレー、明日のパン』や『すいか シナリオBOOK』、『野ブタ。をプロデュース シナリオBOOK』、など自身がドラマ脚本を書いた作品も本として手がける。

作品一覧

2016/07/01更新

ユーザーレビュー

  • 昨夜のカレー、明日のパン
    大切な人の死を乗り越える…
    私ならどうなるのだろう。。
    気張る事なく終始優しい気持ちのまま読めた本。
  • 昨夜のカレー、明日のパン
    亡くなった一樹を軸にして、周りの人々を描いていく多声的な作品。描かれているのは、日常であり人生。

    解説にも書かれていた通り、この作品は発見(そうか)と解放(それでいいじゃないか)を見つけることで作られている。
    些細な発見かもしれない、が、それは確実に登場人物(そして読者)を動かす。
    じんわり沁みる...続きを読む
  • 昨夜のカレー、明日のパン
    私的にはパーフェクト。
    言葉のひとつひとつ、台詞の一行一行がいちいち染みる。
    ふんわりと、おかしみと悲しみが漂うような世界。
    なんてゆうか『覚悟』が違うんだよなー。
    自分でも意味分かんないんだけど。
    やっぱり好き、木皿泉。
  • 昨夜のカレー、明日のパン
    ずっとずっと名前だけは気になっていて読みたかった本をようやく手に入れた。

    そして、思っていたよりずっとずっと良かった。
    解説で、作者は「シーン」が浮かばなくて苦労したとあったけれど、思いっきり映像がバシバシ浮かんでいましたぞ、読みながら。
    そして、ハッとさせられる。静か〜にハッとする。

    もう一回...続きを読む
  • すいか 2
    ドラマも今更ながら見てみたい!
    大塚愛さんの曲は覚えてるけど、ドラマは見てなかったのが悔やまれる。

    主人公達は今も悩みながら暮らしてるのかな?と考えてしまうような、ステキな空間だった。

特集