小田理一郎の一覧

「小田理一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/11/16更新

ユーザーレビュー

  • 「学習する組織」入門 ― 自分・チーム・会社が変わる 持続的成長の技術と実践
    ピーター・M・センゲ「学習する組織」とその「フィールドブック」、
    ドネラ・H・メドウズ「世界はシステムで動く」を既読にて、本書を閲覧。

    5つの「道(ディシプリン)」
    視座の転換
    学習とは「できる」ようになること、「わかる・知ってる」は不十分
    「集団」としての「意識」と「能力」
    第一章は著者の思想
    ...続きを読む
  • 学習する組織 ― システム思考で未来を創造する
    時間をかけて唸りながら読みました。良書。

    いかに学習する組織の少ないことか。。。
    そして自分の組織は学習する組織でありたいと思う。

    以下、フレーズの抜粋。

    ・問題はどんなビジョンかではない。ビジョンで何をするかだ
    ・人は変化に抵抗するのではない。変化させられることに抵抗するのだ
    ・組織を設計す...続きを読む
  • 行動探求 ― 個人・チーム・組織の変容をもたらすリーダーシップ
    ・1次ループのフィードバック→挙動/行動
     2次ループのフィードバック→戦略/構造/目標
     3次ループのフィードバック→注意/意図/ビジョン
    ・4つの体験領域
     第1領域:外部の出来事 結果、評価、観察される行動結果、環境への影響
     第2領域:自分が認識する行動パフォーマンス 具現化の過程で認識され...続きを読む
  • なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか? ―小さな力で大きく動かす!システム思考の上手な使い方
    ビジネスにしても社会課題の解決にしても、大切なのは課題の本質を見極めること。社会や地域、国際関係など、様々な要因を考慮に入れて考えなければならない複雑な状況下、こういった思考のフレームワークはとても役に立つ。「個々の出来事はあるパターンのスナップショットであり、氷山モデルで構造を解析すること」「解で...続きを読む
  • 「学習する組織」入門 ― 自分・チーム・会社が変わる 持続的成長の技術と実践
    「入門」とあるけど、なかなか骨太。一回読んだだけでは分かったとは言えないし、誰かと話しながら理解を深めていきたいと思うトピックが詰まっている。
    学び成長し続ける組織になるために個人が考えるべきこと、チームとして取り組んでいくべきことの両方が書かれていて、その土台としてシステム思考の考え方が紹介されて...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!