「伊藤元重」おすすめ作品一覧

「伊藤元重」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/02更新

ユーザーレビュー

  • 東大名物教授の熱血セミナー 日本経済を「見通す」力
    著者は政府の経済政策でのブレーンであることから「御用学者」と揶揄されることが多いが、「御用学者」ということの凄さを知らしめるのが本書である。

    現在の世界経済・日本経済を最先端の知識で、かつ分かりやすい言葉で、バランス感のある説得性を持って読ませてくれる。

    世の中には、難しいことをより難しく、時...続きを読む
  • 東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと
    本書は、タイトルから連想される内容というよりかは、伊藤元重先生のこれまでの知的生産についての自伝のような内容だった。経済学徒である自分としては、とても満足する内容だった。
  • 流通大変動 現場から見えてくる日本経済
    何となく、メーカーか流通か、というような軸でとらえがちですが(私は)、流通は上流(素材)から下流(消費者)まで商品が流れていく全ての過程に影響を与え得る、という流通のより大きな可能性を感じさせてくれました。
  • 東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと
    経済学の考え方を人生に応用したら、という考え方をベースに、長年学者生活を送ってきた先生が人生のアドバイスをくれる。自分の人生でロケットを切り離す時期はいつだろうか、それぞれのステージで納得行くほど取り組めているだろうか等々、前向きに考えさせてくれる本
  • 流通大変動 現場から見えてくる日本経済
    東京大学大学院の伊藤元重先生の新書。
    経済学やマーケティングなどの教科書も執筆されている同氏だが、現場における講演会や執筆業なども手がけている。流通に関してはかなり以前から携わっているようだ。同書からもそれは伝わってくる。
    個人的にも、過去に何度かお仕事をさせていただいたことがあり、ざっくりとしたお...続きを読む