伊藤計劃の一覧

「伊藤計劃」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:伊藤計劃(イトウケイカク)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1974年10月14日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

武蔵野美術大学美術学部映像科卒。『虐殺器官』でデビュー。2009年『ハーモニー』で第30回日本SF大賞、第40回星雲賞日本長編部門を死後受賞。 2010年同作の英訳版がアメリカでフィリップ・K・ディック記念賞の特別賞を受賞。『屍者の帝国』(円城 塔と共著)、『METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS 』などの作品を手がける。

作品一覧

2015/09/30更新

ユーザーレビュー

  • メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット
    伊藤計劃は中二病だ。優しい中二病だ。それをこじらせたまま逝ってしまった。優しさに溢れた中二病的文章をできればもっと読みたかった。
    オリジナルの作品よりは残酷、グロテスク描写は少なかった。文章のそこかしこにメタルギア・サーガへの溢れんばかりの愛情を感じた。
    人は死なない。生物学的に死んでも、その人の遺...続きを読む
  • メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット

    単なるノベライズではない

    作家・伊藤計劃、そしてMGSのファンとしてこの作品は、その両方の真髄が見える作品でした。
    私は伊藤計劃作品の一つとして、この作品を読みだしたため、その作風や描写、構成に至るまで、伊藤計劃らしさが、どこかぼやけて、違和感を感じました。ただ、「本体」であるMGS4ともどのか違う、何か別のものという感じが...続きを読む
  • ハーモニー
    ユートピアな多分ディストピアの物語

    読書中からhtmlのような記述で装飾された文書は、おそらくは感情のない者向けへの記録文書なのだろうと予感させるものであり、その予感はおおむね合っていた。

    しかし、これが「人類の意識最後の日」とのエピローグには心底ぞっとさせられた。だって、この世界にはWatch...続きを読む
  • 虐殺器官
    近未来舞台の戦争哲学
    といったあたりが主題だがエンタメとしてSF仕掛けやミステリ風味もあって
    伊坂幸太郎作品+『メタルギア』はまったく同意見
    題材でなく小説として既に安定した技術と高い個性を感じるので
    作者の早世が惜しまれる
    がそれを物語にふくめるのはどうかと思う
    売り物だからな
  • ハーモニー
    生命保全技術の確立でなく 調和の精神へ自らを作り変えた近未来を描く
    「人類の進歩と調和」 と来ると次の場面はきんどーさんがキャーといって暴れまわる画が思い浮かぶのだがそれはともかく
    真面目で大規模感溢れるまっとうSF 
    もうひとつ荒削りというか新城カズマ的なライトノベル様なものに足を取られているとこ...続きを読む

特集