「伊藤計劃」おすすめ作品一覧

「伊藤計劃」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:伊藤計劃(イトウケイカク)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1974年10月14日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

武蔵野美術大学美術学部映像科卒。『虐殺器官』でデビュー。2009年『ハーモニー』で第30回日本SF大賞、第40回星雲賞日本長編部門を死後受賞。 2010年同作の英訳版がアメリカでフィリップ・K・ディック記念賞の特別賞を受賞。『屍者の帝国』(円城 塔と共著)、『METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS 』などの作品を手がける。

作品一覧

2015/09/30更新

ユーザーレビュー

  • メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット
    シャドー・モセスの前までのリキッドの動向がほんのちょっとではあるけれどわかるので、たいへん俺得です。
    いつか、このほんのちょっとの密度を高めてスピンオフをぜひ。ぜひ。
  • 虐殺器官
    哲学的に非常に読み応えのある物語。
    ジョンポールが虐殺を生み続ける狙いとは?全肯定全否定できないそれぞれの正義。
    なんとなく攻殻機動隊をイメージしながら読み進めてった。
  • 伊藤計劃記録 II
    ブログで取り上げられている映画やゲーム、SF小説はほとんど触れたことがないため話についていけないが、氏の思考を辿るのはすごく楽しい。よく押井守のことを書いていて、この方が「スカイ・クロラ」を観たらどのような感想をもつのか読んでみたいと思っていたら、レビューが掲載してあって感動した。インタビューでは将...続きを読む
  • 虐殺器官
    映画公開を待って映画を1度観てから原作を読んだ。映画は映画で素晴らしいものだったけど、映画のパンフで監督が語っていたとおり、小説とは本質的に別ものだ。
    原作の本質的な部分は冒頭から随所に現れる「母さんのいる死者の国」で、クラヴィスが虐殺の文法を使うことにした理由がそこにある。
    作者がブログで書いてた...続きを読む
  • メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット
    この本はステルスアクションゲーム「METAL GEAR SOLID 4」をノベライズ化したものです。
    ゲームの方は、敵に見つからないように潜入するスリルと、映画のようなシナリオがとても人気のある作品です。
    小説ではゲームをやっていたときにはわからなかった設定や、キャラクターの心情が補完されているので...続きを読む

特集