井川香四郎の一覧

「井川香四郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:井川香四郎(イカワコウシロウ)
  • 生年月日:1957年
  • 出身地:日本 / 愛媛県
  • 職業:作家

中央大学卒。『樽屋三四郎言上帳』シリーズ、『梟与力吟味帳』シリーズなど多くの時代小説を手がける。また、テレビドラマの脚本家として「暴れん坊将軍」「八丁堀の七人」なども手がけている。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/01/07更新

ユーザーレビュー

  • 逢魔が時三郎
    かなり読みやすく面白かった。頼りないだけではない徳三郎もきれものの文治も振り回される黒瀬も鈍感な桜も好き。文治と話して岡っ引きのような口調になってしまうところには何度も笑えた。続編早く出てほしいなぁ。ちゃんと文治も帰ってきてくれたし。あのまま帰らなければ1巻で終わりかと思ったけど。
  • 暴れん坊将軍 江戸城乗っ取り
    暴れん坊将軍はシーズンごとに世界線が異なると勝手に自己完結して楽しんでいるが、本書に吉宗評判記時代の初期レギュラー、山下幸内が登場したことに感激した。今作では徳田新之助と初対面という関係で、敵か味方か彼の真意が判明するまでハラハラしながら読み進めることができた。
    ほかの方もレビューで述べているが、こ...続きを読む
  • 暴れん坊将軍 江戸城乗っ取り
    歴史小説、時代小説としてではなく、
    あくまでテレビドラマのノベライズ、という位置づけで気軽に読む分には
    とても楽しめると思う。
    何を期待して読むかによって大きく評価が分かれるような気がする。
  • ホトガラ彦馬 写真探偵開化帳
    この時代の多様な人物達をモデルとした作中人物達が、現代的な鑑識捜査が確立する以前に、それに近い考え方で事件の謎解きに挑む様子や、もう少し違う意味の「歴史の中のミステリー」に関することに向き合う様子など、なかなかに愉しい物語になっている。

    題名の“ホトガラ”は?フォトグラフ(写真)とか、フォトグラフ...続きを読む
  • ふろしき同心御用帳 呑舟の魚
    "物忘れ" になりながらも大風呂敷を広げ、下手人をみるみる追い詰めていく『出仕嫌いな同心の見事な人情裁き』 爽快。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!