「井川香四郎」おすすめ作品一覧

【井川香四郎】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:井川香四郎(イカワコウシロウ)
  • 生年月日:1957年
  • 出身地:日本 / 愛媛県
  • 職業:作家

中央大学卒。『樽屋三四郎言上帳』シリーズ、『梟与力吟味帳』シリーズなど多くの時代小説を手がける。また、テレビドラマの脚本家として「暴れん坊将軍」「八丁堀の七人」なども手がけている。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/07/14更新

ユーザーレビュー

  • ホトガラ彦馬 写真探偵開化帳
    この時代の多様な人物達をモデルとした作中人物達が、現代的な鑑識捜査が確立する以前に、それに近い考え方で事件の謎解きに挑む様子や、もう少し違う意味の「歴史の中のミステリー」に関することに向き合う様子など、なかなかに愉しい物語になっている。

    題名の“ホトガラ”は?フォトグラフ(写真)とか、フォトグラフ...続きを読む
  • ふろしき同心御用帳 呑舟の魚
    "物忘れ" になりながらも大風呂敷を広げ、下手人をみるみる追い詰めていく『出仕嫌いな同心の見事な人情裁き』 爽快。
  • くらがり同心裁許帳
    前々から知っていたのだけれど、一冊読んだが最後、シリーズ全てに手をだしてしまいそうで遠慮していたのですが・・・とうとうやってしまいました。
    やっぱり、面白かったです。
    飄々とした癖のある忠兵衛と、熱血の新八郎。この二人、とっても好きです。
  • 樽屋三四郎 言上帳  福むすめ
    シリーズ四作目。
    読むたびに井川 香四郎って作家さんは凄いな、と感じます。
    今回は春を売る、という事について突っ込んでいますが・・・。
    読後、ずっしり心に重石をのせつつ、嫌に感じさせないのが凄い。樽屋の旦那の貫禄がますます上がり、頼もしい限りです。
  • 樽屋三四郎 言上帳  男ッ晴れ
    真面目な時代物だけれど、時代物になじみがなくても、読みやすくてよいです。
    なんといっても、三四郎がかっこよすぎ。
    帯には「軽快て熱い人情小説」とありましたが、納得。
    とっても、面白いです。

特集