秘する花 刀剣目利き 神楽坂咲花堂
  • 完結

秘する花 刀剣目利き 神楽坂咲花堂

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人の心の真贋も見抜く! 刀剣鑑定師にして名うての剣士、江戸に参上! 馬喰町から上州の駆け込み寺に向かったはずの女が、神楽坂の三日月坂で息絶えた。死因はわからず、爪が割れるほど土を掴んだ女の両手が無念さを物語っていた……。京に本店を構える刀剣鑑定で著名な「咲花堂」。その江戸店(だな)を任された上条綸太郎(かみじょう・りんたろう)は女の死に疑念を抱くが……(『秘する花』)。文化文政の江戸を舞台に、刀剣や骨董を鑑定する綸太郎の鋭い眼力が人の心の真贋をも見極める、書下ろし傑作時代小説シリーズ第1弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社文庫
電子版発売日
2020年06月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

秘する花 刀剣目利き 神楽坂咲花堂 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年03月31日

    井川先生の新シリーズ!!
    今回は骨董屋の御主人が主人公
    和解のにも関わらず、世間に通じて
    物や人を見る目ができている
    推理の力も抜群で、降りかかる難問を
    何問も砂漠のですww

    このレビューは参考になりましたか?

刀剣目利き 神楽坂咲花堂 のシリーズ作品 全10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 秘する花 刀剣目利き 神楽坂咲花堂
    完結
    人の心の真贋も見抜く! 刀剣鑑定師にして名うての剣士、江戸に参上! 馬喰町から上州の駆け込み寺に向かったはずの女が、神楽坂の三日月坂で息絶えた。死因はわからず、爪が割れるほど土を掴んだ女の両手が無念さを物語っていた……。京に本店を構える刀剣鑑定で著名な「咲花堂」。その江戸店(だな)を任された上条綸太郎(かみじょう・りんたろう)は女の死に疑念を抱くが……(『秘する花』)。文化文政...
  • 御赦免花 刀剣目利き 神楽坂咲花堂
    完結
    鑑定師にして剣士、上条綸太郎が縦横無尽の大活躍! 神楽坂咲花堂に盗賊が入った。将軍家の葵の印籠を掲げての騙(かた)り強盗だが、同夜、豪商をも襲い主人や手代ら八名を惨殺した。昨今、江戸を騒がす葵小僧か? だが咲花堂の上条綸太郎は奇妙な違和感を覚えた。これまで殺しは一件もなかったのだ。やがて、惨殺現場を探る悪童たちに、綸太郎は目をつける……(『御赦免花』)。人気沸騰、胸のすく時代...
  • 百鬼の涙 刀剣目利き 神楽坂咲花堂
    完結
    掛け軸、名刀、古壺……古物にこもる情、魂、怨とは!? 上条綸太郎が難事件を心眼で捌く! 女が嬰児を噛み殺す百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)図。この不気味な絵をどうしても譲って欲しいという女が咲花堂に現われた。折しも、大店(おおだな)の子が神隠しに遭う事件が続出するなか、絵師・鳥山石燕の妖怪画を飾ると子供が帰ってくるという噂が流布していた。いったいなぜ? 咲花堂の上条綸太郎は、芸者・...
  • 未練坂 刀剣目利き 神楽坂咲花堂
    完結
    奇行の裏に隠された「仇討ち」の真相とは? 綸太郎が心眼で挑む! その老武士には剣の道を極めた風格があった。だが神楽坂咲花堂を毎日訪ねては、ある奇妙な行動をとっていた。そんなある日、上条綸太郎は老武士が夫婦者に狙われる現場を目撃する。その夫婦者は十五年も老武士を敵(かたき)と追い求めていたのだ。綸太郎はふと違和感を覚え、老武士の奇妙な行動に仇討ちの真相があると見抜くが……(『百...
  • 恋芽吹き 刀剣目利き 神楽坂咲花堂
    完結
    蘇る童女の淡い恋心。一幅の掛け軸に秘められた謎とは? 誰が描いたのか、どんぐりを手にする童女の古びた掛け軸の絵。元の持ち主に返したいと大店(おおだな)の主人が神楽坂の骨董店・咲花堂に持ち込んできた。曰(いわ)くありげなその絵に魅せられた上条綸太郎が持ち主探しを始めるや、謎の浪人が背後に迫ってきた。この絵にどんな秘密が隠されているのか?(『恋芽吹き』)。大人気の刀剣目利きシリー...
  • あわせ鏡 刀剣目利き 神楽坂咲花堂
    完結
    摩訶不思議な怪事件が続発。綸太郎の眼力が見抜いたものは? 出会い頭に御内儀(おないぎ)ふうの女とぶつかり、咲花堂の番頭・峰吉は瀬戸黒(せとぐろ)の名器を割ってしまった。女から弁償にと受け取った百五十両から、峰吉は首を括ろうとする女を助け、新たな名器に出会ったりと奇妙なことが頻発する。だが、金の縁(えん)より、人の縁(えにし)。その不思議な因縁を上条綸太郎は見抜いていた……(『...
  • 千年の桜 刀剣目利き 神楽坂咲花堂
    完結
    時を超え、身分を越える恋。人の世のはかなさと、抗しがたい宿縁……。神楽坂をそぞろ歩く大身旗本の娘・綾香は、不思議な笛の音に導かれて骨董屋咲花堂を訪れた。主人の上条綸太郎が吹いていた龍笛(りゅうてき)に心奪われたのだ。「龍笛は、龍神を呼ぶゆえ、自分の前世が何かを分からせてくれるんや」と語る綸太郎。やがて奇妙な幻夢を見た綾香は、ひとりの若者と出会う……(『千年の桜』)。綸太郎の鑑定...
  • 閻魔の刀 刀剣目利き 神楽坂咲花堂
    完結
    古刀の“妖気”が裁きを下す!? 真価を問われる綸太郎の鑑定眼と推理。 「法で裁けぬ者は閻魔が裁く」神楽坂閻魔堂の開帳と時を同じくして、悪辣な材木問屋の惣兵衛が斬殺された。凶器は閻魔堂の守り刀。鑑定を行なった咲花堂の上条綸太郎は、その刀にただならぬ“気”を感じる。その後も、悪事を働く者が次々と……。閻魔裁きの正体、そして綸太郎に突きつけられる血の因縁とは?(『閻魔の刀』)。 新たな展...
  • 写し絵 刀剣目利き 神楽坂咲花堂
    完結
    奇怪! 極上の壺になぜ偽の鑑定書が……。神楽坂咲花堂に、仁清(にんせい)の壺を探して欲しいという香取藩の武士がやってきた。図らずも翌日、その壺を油問屋の主人が売りにくるが、なぜか鑑定書である“折紙”だけが偽物だった。偽の折紙は、直後に殺された盗人・疾風(はやて)の鬼三の元からも大量に発見される。上条綸太郎は事件の裏に香取藩の重大な機密が隠されていることを見抜くが……(『写し絵』)...
  • 鬼神の一刀 刀剣目利き 神楽坂咲花堂
    完結
    ついに三種の神器、揃い踏み! 綸太郎は使命を果たせるか! 市中で辻斬りが頻発していた。死体の斬り口を見た咲花堂の上条綸太郎は、得物(えもの)が上条家から徳川家康に奪われた三種の神器の一つ、“宝刀・小烏丸(こがらすまる)”ではと疑う。一方、老中・松平定信も、自らが将軍になるという野望のため、小烏丸を狙っていた。三つそろえば世を変革するといわれる驚愕の神器を巡る攻防の行方は……(『...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています