行成薫の一覧

「行成薫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/07/02更新

ユーザーレビュー

  • 本日のメニューは。
    町のごはん屋さんで繰り広げられる人生模様。熱々の料理と、それを取り巻く人間ドラマに食欲も涙腺も刺激される5つの極上の物語。
    読んだら絶対お腹が鳴り、目頭も熱くなってくる。贅沢の極みのような作品だ。人は食べていかなきゃ生きていけないけど、どうせなら愛情のこもった美味しいものを食べたい。料理を作る人、食...続きを読む
  • 本日のメニューは。
    「食べることは生きること」を感じさせてくれる本。スッと読めて心に栄養が行き渡ります。

    文庫本の帯には「とびっきり美味しくてじんわり泣ける」とあります。
    私はそれに加えて「人前で読んではいけない」を付け加えたい気分です。
    なぜかと言うと、大笑いするものもあるから。

    「四分間出前大作戦」「おむすび狂...続きを読む
  • 本日のメニューは。
    食べ物がおいしそうな本は、おもしろい。と思っている。さらにその気持ちが強くなった本だった(*´˘`*)そして泣ける。
    5篇の短編で、ごはんと人がつながっていくおいしい物語。とりあえず、おむすび上手になりたい。
  • 『廃園日和』
    はじめて読む作家さんでした。

    30年間の歴史を持つ地方の遊園地の最後の日、閉園になってしまう1日のお話。
    中学生の男女四人組、お父さんと息子、カップル、ヒーロショーの悪役スーツアクターさん、認知症の奥さんとその旦那さん、そして、長年この遊園地に関わってきたスタッフさんや、若いアルバイトの子たち……...続きを読む
  • 名も無き世界のエンドロール
    先入観無しで読んだが、とても面白かった。

    幼馴染の俺とマコト。マコトはドッキリに命をかけるドッキリスト。俺はドッキリに引っかかってばかりのビビリスト。そんな二人が計画する「プロポーズ大作戦」とは?

    紹介文からは想像も出来ないようなクライマックス。自分としては追加短編の『ポケット』まで読んでジーン...続きを読む