本日のメニューは。

本日のメニューは。

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
紙の本 [参考] 638円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

入院中の父に中華そばを出前したい二人の子どもと、変わり者の大人たちが起こした奇跡(「四分間出前大作戦」)。マズメシ母に悩まされる女子高生と、おむすび屋の女性店主の愛情(「おむすび狂詩曲」)。底なし大食い男の葛藤と、デカ盛り定食を作り続ける頑固親父の秘めた過去(「闘え! マンプク食堂」)。熱々の美味しい料理と、それを取り巻く人間ドラマに食欲も涙腺も刺激される、5つの極上の物語。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2019年12月06日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

本日のメニューは。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月10日

    町のごはん屋さんで繰り広げられる人生模様。熱々の料理と、それを取り巻く人間ドラマに食欲も涙腺も刺激される5つの極上の物語。
    読んだら絶対お腹が鳴り、目頭も熱くなってくる。贅沢の極みのような作品だ。人は食べていかなきゃ生きていけないけど、どうせなら愛情のこもった美味しいものを食べたい。料理を作る人、食...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月25日

    「食べることは生きること」を感じさせてくれる本。スッと読めて心に栄養が行き渡ります。

    文庫本の帯には「とびっきり美味しくてじんわり泣ける」とあります。
    私はそれに加えて「人前で読んではいけない」を付け加えたい気分です。
    なぜかと言うと、大笑いするものもあるから。

    「四分間出前大作戦」「おむすび狂...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月29日

    食べ物がおいしそうな本は、おもしろい。と思っている。さらにその気持ちが強くなった本だった(*´˘`*)そして泣ける。
    5篇の短編で、ごはんと人がつながっていくおいしい物語。とりあえず、おむすび上手になりたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月21日

    町のご飯屋さん
    あたたかで想いがぎゅっと詰まっています
    短編5話 すこしリンクしてて面白い

    どれも食べたくなるのよねえ
    残念
    でも心を「おなかいっぱい」にしてくれます

    「ヒーローもの」の著者が
    名もなきちっちゃなヒーローを
    描いています

    ≪ さあ食べよ 泣いて笑って ご飯屋さん ≫

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月13日

    おもしろおいしそうです!!
    どれもこれも美味しそうな料理が登場する5つの短編。

    「四分間出前大作戦」入院中の父に届けたい出前ラーメン。
    「おむすび狂詩曲」おむすびと見栄えオンリーのメシマズ弁当。
    「闘え!マンプク食堂」客を満腹にさせたい大盛大衆食堂。
    「或る洋食屋の一日」閉店する洋食屋の50年継ぎ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月31日

    料理を中心に人間ドラマを描いた短編集。
    読みやすくお腹が空く小説。

    一番、共感出来たのかなぁ。
    『おむすび狂詩曲』にうるうる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月10日

    なんだか優しい話だった。
    食べ物にまつわる話なのもいい。
    困った人がでてきても、心底悪い人じゃない。
    おむすびの話とマンプク食道の話が好き。
    おにぎりでなくおむすびというこだわりだったり、息子への思いだったり。人っていいな、と思わせてくれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月20日

    表紙買い。
    流行りのグルメ小説かと思ったら人情もの。どっかできいたような設定だらけだけどジワジワきて『闘え!マンプク食堂』では泣いてしまった。
    理由はきっと、登場人物がみんな誰かの幸福のために料理をしている優しい人ばかりだからだと思います。
    優しい世界…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月29日

    お腹が空いちゃう話。

    お母さんにもっと感謝しよう。
    家事をいつもやってもらって当たり前だと思ってたけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月26日

    人間ドラマとその人達にまつわる料理を描いた短編集5編。

    流行りの人情味のあるグルメもの。
    3話目 マンプク食堂大将の息子への思いが泣ける。
    この小説(5話)でキッチンカーの内情も初めて知り勉強になりました。(管轄の保健所ごとに許可が必要で基準も違うとか)
    登場人物もリンクしていたりして、続きものの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています