「アレクサンドル・デュマ」おすすめ作品一覧

「アレクサンドル・デュマ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:アレクサンドル・デュマ(アレクサンドルデュマ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1824年7月27日
  • 出身地:フランス
  • 職業:作家、劇作家

『モンテ・クリスト伯』、『三銃士』などの作品を手がける。フランスの小説家。息子も同名で作家なのでそれぞれ大デュマ、小デュマと呼ばれる。

作品一覧

2017/05/19更新

ユーザーレビュー

  • モンテ・クリスト伯 1
    フランスの小説ぽくなかった。訳者が書いているようにシンプルで華美な装飾のない文章だからだろうか。

    主人公エドモン・ダンテスは物語はじめ、決して教養のある人物ではない。しかし彼は頭の良い人物だった。
    作中にも出て来たが、知識がある人と頭の良い人というのはイコールではないのだろう。我々は大体にして頭が...続きを読む
  • モンテ・クリスト伯 7
    絶望と希望の第七巻!
    ヴィルフォールへの復讐は、思わぬ命までも奪うこととなった。
    悩めるモンテ・クリスト伯が訪れたのは、
    あのシャトー・ディフ。
    ヴァランティーヌ、マクシミリアン、メルセデス、そしてエデ。
    彼らの運命は?そして最後の一人、ダングラールへの復讐は?
    フランス版大河小説は、これにて完結。...続きを読む
  • モンテ・クリスト伯 6
    復讐の第六巻!
    カドルッス、フェルナンに復讐の槌が振り下ろされる。
    メルセデスとアルベールの選択は?
    ヴィルフォール家の毒殺の手がヴァランティーヌに。
    苦悩するマクシミリアンのとった行動は?
    そして、ダングラール家にも・・・。
    破滅の道を転げ落ちたカドルッスの憐れさ。
    その死すら復讐の手駒の一つにな...続きを読む
  • モンテ・クリスト伯爵
    普段漫画はあまり登録しないのですがこれは素晴らしかった。絵も綺麗ですが、内容も上手い。
    よくあの分量を魅力を削らずに1冊に詰め込めたと思います。元が長いので翻訳版もどれも分量があって読みたいけど時間がない…!という人に自信をもってすすめられます。
    登場人物や内容の改変など、詰め込むために必要な部分も...続きを読む
  • モンテ・クリスト伯 4
    主要人物総登場の第四巻!
    アンドレアとカドルッスの謎めいた関係。
    ヴァランティーヌとマクシミリアンの恋愛関係。
    ヴィルフォールとノワルティエの父子関係。
    これらもモンテ・クリスト伯の今後の行動に
    影響を与えそうで、先行きが楽しみです。
    そして、復讐の糸・・・ヴィルフォール夫人に数年前から
    絡めていた...続きを読む

特集