「アレクサンドル・デュマ」おすすめ作品一覧

「アレクサンドル・デュマ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:アレクサンドル・デュマ(アレクサンドルデュマ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1824年7月27日
  • 出身地:フランス
  • 職業:作家、劇作家

『モンテ・クリスト伯』、『三銃士』などの作品を手がける。フランスの小説家。息子も同名で作家なのでそれぞれ大デュマ、小デュマと呼ばれる。

作品一覧

2017/05/19更新

ユーザーレビュー

  • モンテ・クリスト伯 2
    ドラマチックな脱獄劇。そこから宝を探しに行かなくてはいけないが、そこは船乗りとしての能力で見事につないでいく。いろいろな人の話に移り、あれ?誰の話だっけ?と思わせながら、さあ、いよいよ復讐につながっていくらしい!
  • モンテ・クリスト伯 1
    大河ロマンっぽい本が読みたくなって、まず一巻目に挑戦。マルセイユが舞台ということで、地中海の話題が多く、またスペインに近い町という雰囲気も楽しい。地図を確認しながら読み進む。ダンテスが獄中の人となってからは、苦しい話になるが、ファリア神父の存在が救いだ。長期に渡る物語には、メンター的な人が必要だ。
  • モンテ・クリスト伯爵
    まず一言。
    あの大作をよくぞ一冊にまとめられた。

    モンテ・クリスト伯は小生の思い出の作品であります。初めて読んだ時は、ダンテスの生き様にいたく胸を打たれました。

    あとがきによると、作者もこの作品が好きらしく、確かに作品愛を感じました。

    絵も非常に美麗です。画風からして多分女性の絵なのですが、キ...続きを読む
  • モンテ・クリスト伯 6
    ついに来たか、いままでの伏線がこんなにもかと。
    エデの描写は本当に力強くて美しい。

    カドルッスに比べてフェルナンはあっけないものだった。でもあの後どう生きていくにも…ね。一番楽な選択かもしれない。
    そしてメルセデスはアルベールに話したのね。復讐をしても正当である、権利がある、そう考えるのは割と時代...続きを読む
  • モンテ・クリスト伯 3
    ようやく来たか!という感じ。
    人脈、知恵を携えて帰って来たという感じ。とうとうここに来たか、と思う。
    前巻あたりから登場人物が新しく増えてきて、だんだん混乱して「あー、人物一覧なり相関図なり紙に書いておけばよかったな…」と思い始めたけど今更読み返すのもあれなので検索してまとめで確認しました。アルベー...続きを読む

特集