「アレクサンドル・デュマ」おすすめ作品一覧

「アレクサンドル・デュマ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:アレクサンドル・デュマ(アレクサンドルデュマ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1824年7月27日
  • 出身地:フランス
  • 職業:作家、劇作家

『モンテ・クリスト伯』、『三銃士』などの作品を手がける。フランスの小説家。息子も同名で作家なのでそれぞれ大デュマ、小デュマと呼ばれる。

作品一覧

2017/05/19更新

ユーザーレビュー

  • モンテ・クリスト伯爵
    まず一言。
    あの大作をよくぞ一冊にまとめられた。

    モンテ・クリスト伯は小生の思い出の作品であります。初めて読んだ時は、ダンテスの生き様にいたく胸を打たれました。

    あとがきによると、作者もこの作品が好きらしく、確かに作品愛を感じました。

    絵も非常に美麗です。画風からして多分女性の絵なのですが、キ...続きを読む
  • モンテ・クリスト伯 6
    ついに来たか、いままでの伏線がこんなにもかと。
    エデの描写は本当に力強くて美しい。

    カドルッスに比べてフェルナンはあっけないものだった。でもあの後どう生きていくにも…ね。一番楽な選択かもしれない。
    そしてメルセデスはアルベールに話したのね。復讐をしても正当である、権利がある、そう考えるのは割と時代...続きを読む
  • モンテ・クリスト伯 3
    ようやく来たか!という感じ。
    人脈、知恵を携えて帰って来たという感じ。とうとうここに来たか、と思う。
    前巻あたりから登場人物が新しく増えてきて、だんだん混乱して「あー、人物一覧なり相関図なり紙に書いておけばよかったな…」と思い始めたけど今更読み返すのもあれなので検索してまとめで確認しました。アルベー...続きを読む
  • モンテ・クリスト伯 5
    4巻から3連休で7巻まで突っ切りました。それくらいここからは止まれない。先が気になってしょうがない。
    事件の連続、小さな事件と大きな事件がありますが、意外な人物の名前がちらっと見えてフフッとなってしまう。
    なによりエデ、エデが好きだからというのもありますがエデの話はドキドキしてしまいますし、ヴァラン...続きを読む
  • モンテ・クリスト伯 2
    今後の彼に大きく影響を与えることになった偉大な神父、シャトーディフからどう抜け出すのか、序盤からワクワクが止まりません。
    自分が監獄にいる間に周囲はどうなっていったのか。
    ファリア神父も偉大ですが、モレルさんは今後の巻でも思い返すたび好きなのですが、エドモンの父が住んでいたはずの部屋にいた若い夫婦も...続きを読む

特集