王妃マルゴ(上)

王妃マルゴ(上)

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

舞台はフランス・ルネサンスの一見はなやかな時代。だが新旧の宗教の対立はきわだち、聖バルテルミーの大虐殺で対立はクライマックスを迎える。シャルル9世は君主ではあったが、母親のカトリーヌ・ド・メディシスは隠然たる力をもち、シャルルの弟たちもそれぞれが次期の王位を狙っていた。こうしたなかでシャルルの妹マルゴはプロテスタント勢力の旗頭ナヴァール王アンリと政略結婚をさせられる。だがマルゴは披露宴の席で元恋人のギーズ公からなにごとかささやかれると「今夜、いつものように」という言葉をラテン語であたえるのだった。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外文学
出版社
グーテンベルク21
電子版発売日
2011年09月30日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

王妃マルゴ(上) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

王妃マルゴ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 王妃マルゴ(上)
    550円(税込)
    舞台はフランス・ルネサンスの一見はなやかな時代。だが新旧の宗教の対立はきわだち、聖バルテルミーの大虐殺で対立はクライマックスを迎える。シャルル9世は君主ではあったが、母親のカトリーヌ・ド・メディシスは隠然たる力をもち、シャルルの弟たちもそれぞれが次期の王位を狙っていた。こうしたなかでシャルルの妹マルゴはプロテスタント勢力の旗頭ナヴァール王アンリと政略結婚をさせられる。だがマルゴは披露宴の席で元恋人のギーズ公からなにごとかささやかれると「今夜、いつものように」という言葉をラテン語であたえるのだった。
  • 王妃マルゴ(下)
    550円(税込)
    カトリーヌ・ド・メディシスは占い師から「三人の息子が王位につくが、三人とも子を残さずに死に、そのあと王朝の交替がおこって、アンリ・ド・ナヴァールが王位につくであろう」という予言を受けとり、手を替え品を替えてナヴァール王アンリを亡き者にしようと謀る。いっぽうマルゴはプロテスタントの騎士ラ・モールと激しい恋に落ちながら、夫アンリとは夫婦ならぬ「同盟」関係を維持して、政治的なバランスを保持しようと努力する。陰謀はさらなる陰謀を生み、宮廷絵巻は複雑に入り組んで一つの終演を迎える。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング