「神谷美恵子」おすすめ作品一覧

「神谷美恵子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/04/20更新

ユーザーレビュー

  • 自省録
    編集も何もされてない独白のようなものなので、同じ話が何度も出てくるし、唐突なのもあるけれども

    でも、以下をはじめとして、その精神の求めるところは輝いている。

    ・たとえ一瞬間でも、理性以外の何ものにも頼らぬこと
    ・なんぴとも現在生きている生涯以外の何ものをも失うことはない
    ・すべては主観であること...続きを読む
  • 神谷美恵子日記
    "思慮深い言葉、愛情、勤勉、育児、医学への情熱などなどがつづられている。
    1939年から1979年までの40年間のごく一部の日記。
    学問へ取り組む矜持も素晴らしいし、家族へ投げかける愛情も伝わってくる。
    神谷さんはハンセン病診療所長島愛生園で患者と向き合いった精神科医。

    この方が記した本がほかにあ...続きを読む
  • 生きがいについて――神谷美恵子コレクション
    ・たとえ宿命的と形容されるような苦境にあっても、いっさいを放り出してしまおうか。放り出そうと思えば放り出すこともできるのだ。放り出して自殺やその他の逃げ道をえらぶこともできるのだ。そういう可能性を真剣に考えた上でその「宿命的」な状況をうけ入れることに決めたのならば、それはすでに単なる宿命ではなく、あ...続きを読む
  • 神谷美恵子 島の診療記録から
    神谷美恵子さんのエッセイ。
    職業柄だけではないでしょうが、彼女の人を見る目があたたかく深い。共感すること、考えさせられることがたくさん。
  • 生きがいについて――神谷美恵子コレクション
    付箋だらけになった。
    とくにぐっときた最後の文章。
    「人間の存在意義は、その利用価値や有用性によるものではない。野に咲く花のように、ただ「無償に」存在しているひとも、大きな立場からみたら存在理由があるにちがいない。自分の眼に自分の存在の意味が感じられないひと、他人の眼にもみとめられないようなひとでも...続きを読む