「福沢諭吉」おすすめ作品一覧

「福沢諭吉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

無料
経世の学、また講究すべし
無料
旧藩情
0円(税込)
無料
瘠我慢の説 書簡
無料
瘠我慢の説 瘠我慢の説

作品一覧

2017/01/13更新

無料あり
教育の目的
  • ブラウザ試し読み

無料あり
家庭習慣の教えを論ず
  • ブラウザ試し読み

無料あり
学問のすすめ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
学問の独立
  • ブラウザ試し読み

無料あり
物理学の要用
  • ブラウザ試し読み

無料あり
アメリカ独立宣言
  • ブラウザ試し読み

無料あり
女大学評論
  • ブラウザ試し読み

無料あり
学者安心論
  • ブラウザ試し読み

学問のすゝめ
  • ブラウザ試し読み

学問のすすめ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
学校の説 (一名、慶応義塾学校の説)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
旧藩情
  • ブラウザ試し読み

無料あり
京都学校の記
  • ブラウザ試し読み

無料あり
慶応義塾学生諸氏に告ぐ
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 学問のすゝめ
    「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」から始まる『学問のすすめ』。この言葉は、人の平等について述べたものではあるが、その主旨は、機会の平等であり、現実にある不平等は学問のありなしによるものであることを強調するためのものである。機会はすべてのものに平等に与えられるべきものであるが、学び続けなけれ...続きを読む
  • 新訂 福翁自伝
    時代の雰囲気が伝わってきて、とても面白い本です。読んでいて福沢さんが話しているように引き込まれます。陽だまりの木の中の元ネタとか結構確認できるので、手塚ファンにも楽しめると思う。
    思いの外幸運も重なって慶應大学は大きな学校になる事ができたんだなと感じる。
  • 学問のすゝめ
    学問のすすめというのは冒頭の文がえらく不自然に切り取られたことでだいぶ有名な本ですが、それにしても「といへり。」を削ってしまうのはずいぶんな暴挙ではないか。
    高校時代に一読したきり再度読まないものだから、今になって中身を説明せよと言われてもなんだっけという情けない有様ですが、けれどもこの本が、現代に...続きを読む
  • 学問のすすめ ─まんがで読破─
    人間は現状に満足せず、より高い精神の段階を目指して、進みなさい!/諭吉19歳、「人が読む物なら、横文字でも何でも読んで見せます!」、此れは、自分に似ている!/初渡米「日本の将軍の子孫は15代ずっと敬われています」、米国人「評価されるべきは、親が何をしたかでは無くて、★本人が世の中に何を残したかです」...続きを読む
  • 学問のすすめ ─まんがで読破─
    福沢諭吉の生涯がわかる本。オランダ語を最先端の文化や技術などの最先端だと思い勉強していたが、英語だと知らされまた勉強をやり直したりとバイタリティーあり、かつ頭もイイ〜。

    福沢諭吉の教えは今も通じるところがあり【人生の棚卸しをして常に自分の今を知って行動しろ】、【学問とは実践が伴うもの】
     自己の独...続きを読む