「高城幸司」おすすめ作品一覧

「高城幸司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/26更新

ユーザーレビュー

  • 社内政治の教科書
    ・朝の挨拶をしないということは、「あなたは、私が相手にするほど重要な存在ではない」
    というサインを送ってるのと同じ。

    ・実現したい企画→企画の採否に影響力を持つ人に相談
    =相談されたことに対して「重要視されている」と感じてもらうこと
    (上手に頼み事をするのも相手に重要感を与えることに繋がる)

    ...続きを読む
  • 社内政治の教科書
    会社員ってなんだろうなぁ。。という時に読むと、少し落ち着くし、勇気が出る。しかし誤植が多い本だった。
  • 社内政治の教科書
    会社の管理職(とその予備軍)向けに書かれた、いわゆるリーダー論。サラリーマンでなくとも、組織はどこでもあるから、読むと参考になるかも。

    ・社内政治は必要悪ではなく現実、避けて通れない
    ・議論に勝っても政治には負けてはいけない
    ・かけた情は水に流せ、受けた恩は石に刻め
    ・人にはまず与えよ、しかし善人...続きを読む
  • 入社1年目を「営業」から始める君へ
    営業の教科書のような本。
    最近、営業のスタイルに悩んでいた。どんなスタイルが望ましいのか、上司のスタイルを真似すればいいのか。
    でも、それだとやっぱり違う。誰かのスタイルを真似するのではなくて、自分なりのスタイルを、誰かの良い所を紡ぎながら、創っていく。

    最近のお客さんへの対応の仕方、全てを思い返...続きを読む
  • トップ営業のフレームワーク―売るための行動パターンと仕組み化・習慣化
    著者いわく、「営業の仕事」=「自分の魅力を伝える仕事」→「あらゆるビジネスパーソンに有効なポータブルスキル」だそう。
    考える営業によってこのポータブルスキルを身につけようという本書。
    考える営業とは、その場で考える事ではなく、事前に考えておくということ。
    どの業界、業種、商材でも使えるKPIの...続きを読む

特集