鈴木大介の作品一覧

「鈴木大介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鈴木大介(スズキダイスケ)
  • 性別:男性
  • 職業:ルポライター

『援デリの少女たち』、『フツーじゃない彼女。』などの作品を手がける。『ギャングース』でストーリー共同制作を手がける。

作品一覧

2024/05/20更新

ユーザーレビュー

  • 将棋と麻雀。頭脳戦の二刀流 49歳からの私の挑戦
    自伝の中で描かれる重要な転機。ときには他人の支援を受け、ときには自ら決断し、行き詰まった状況に立ち向かって前進する姿が描かれています。雀士としての挑戦もその転機のひとつと考えられます。将棋と麻雀の両方のファンとして、今後も彼の活躍を心から応援しています。
  • ネット右翼になった父
    同世代と話して、親族で書名のようなことをする人がいるような話も多くなり読んでみた。

    内容としては、思ったよりも過激でなく、考えさせられる内容。想像と違う方向に行ったが、楽しめた。

    親と子の関係だけでなく、価値観の違う他者とどう向き合って行くか、考えさせられた。同じ行為でも、自分と人の捉え方は違う...続きを読む
  • モーニング 2023年50号 [2023年11月9日発売]
  • ネット右翼になった父
    便宜上、カテゴリ分けをしたが、実際は父と子の物語だと思う。
    一定の時代の父と息子にありがちな互いに壁のあるような、胸襟を開いて話すことのない関係性。
    その関係性を改善するための指南書でもあると思った。
    父がネット右翼になってしまったと感じた著者は、父亡き後その言動を紐解いていく。
    その過程が書かれて...続きを読む
  • ネット右翼になった父
    私の父はネット右翼ではないと思いますし、右翼ですらないと思いますが、
    父と私の関係は近いものを感じます。
    分断を解消したほうがよいのはその通りだとは思うんですけどね、
    死んでるからそう言えるのであろうと思いますよ。
    生きていると難しいです。
    相手が生きているとあちらの思い込みも存在しているわけで、私...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!