「鈴木大介」おすすめ作品一覧

「鈴木大介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鈴木大介(スズキダイスケ)
  • 性別:男性
  • 職業:ルポライター

『援デリの少女たち』、『フツーじゃない彼女。』などの作品を手がける。『ギャングース』でストーリー共同制作を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/02/23更新

ユーザーレビュー

  • されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間
    発達障害の息子がいるので、たくさん本を読んできたし、いろいろ勉強もしてきた。
    が、この本一冊の内容の濃さは、これまでの知識量をはるかにしのぐ。
    「高次機能障害」を体験したことを、こんなふうに解釈し、このようにまとめた著者は素晴らしい!の一言。
    あとがきに書かれている内容、特に日本の社会のありようにつ...続きを読む
  • されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間
    ぶっとんでるお妻様に振り回される夫の話・・・かと思いきや、どうしてなかなか、この夫さんも別の方向でぶっ飛んでいる人だった。

    起床時間も食事の時間も合わないお妻様のために1日6食作り・・・のくだりで「ん?なんで?」と思ったが、このご主人、電子レンジこそお妻様に懇願されてしぶしぶ買ったものの、炊飯器な...続きを読む
  • 脳が壊れた
    感情を抑えられなくなると何が大変なのか
    リハビリは何を目的としているのか
    どんなことが出来なくなるのか
    具体的に書かれていて とても分かりやすい
    病気で見えてきた
    人と自分との関係 そして人への感謝
    脳が健康な間にしっかり読んでおいてよかったと
    思える本でした
  • 最貧困女子
    家出して セックスワークしてネカフェを渡り歩く
    そんな彼女たちをある程度 本人の自由だ
    と思う気持ちは この本を読むと吹き飛んでしまいました
    生きるために 性しか使えないというのはなんとも恐ろしい
    女郎屋や赤線みたいな自分の体を道具として酷使する話は
    まだちゃんと現実としてあるんだとショックを受けた...続きを読む
  • 脳が壊れた
    脳梗塞を患い、一命は取り留めたが高次脳機能障害が残ってしまった作者。しかし、自らが新たに抱えたこの障害が、発達障害のそれと酷似していることに気づき、自らに取材してその様子を書き記そうと決意する。
    Web記事から気になって読んだこの本、笑いを交えてコミカルに描かれているが、とても大変な思いをされたのだ...続きを読む

特集