ワンチャイの一覧

「ワンチャイ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/07/04更新

ユーザーレビュー

  • 三体
    大変面白かった。中国発で2000年代に発売されたものの邦訳されたのは最近の本作。

    中国の60~70年代に起きた文化大革命で父親を殺された女性の生涯を描いた過去編と、突如世界中の物理学者が自殺しだした現代を舞台に、視界にカウントダウンの数字が見え始めた物理学者がその謎を追う中で、3つの太陽を持つ惑星...続きを読む
  • 三体
    今話題のチャイナのSF小説、訳も悪くなかったが密度の濃い小説だったので読むのに苦労した。物語の当初は山﨑豊子の「大地の子」かよと思われるような文化大革命の理不尽な大量虐殺に翻弄される主人公葉文潔を描き、その後は急に現代に移行しナノマテリアルの研究者汪淼に、仮想現実の世界に移りSAOかよと思ったりもし...続きを読む
  • 三体
    中国史が絡むっぽいので難解かと気負って読んだら、すごい面白いエンタメSF。
    各エピソードが、それぞれ短編でも成り立つような面白さ。
    壮大に枝葉に別れて話が膨らんでいって、こちらの想像を超える展開で激しく面白い。ああ楽しい。
    そして最終的には、ちゃんと全体に一つの物語となっているのもすごい。
    これが3...続きを読む
  • 三体
    ようやく読み終えた!
    よく知らなかった文化大革命の歴史から始まり、王さんのスリリングな展開が続き、驚きの葉ばあさんの正体に目が回るほど面白かった!
    ゲーム3体のシナリオも興味深かったし、最後の最後、虫けらの解釈の仕方にもとても清々しい気持ちになった。
    とにかく、エンタメ性が強い超弩級のSF!
  • 三体
    とにかく壮大なスケールで描かれる中国SF。
    初めは慣れていないせいで、なかなか登場人物たちの名前の読み方を覚えられないし、理系の話もさっぱりなので読み進めるのが遅く、「世間では大勢が楽しそうに読んでるのに、わたしには合わない小説なのか...」とちょっと落ち込みそうになった。

    汪森の、謎のカウントダ...続きを読む