小山内園子の一覧

「小山内園子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2023/03/01更新

ユーザーレビュー

  • 破果
    タイトルの「破果」は韓国語では「傷んでしまった果実」と「女性の年齢の十六才」を意味すると言う。
    65才の女殺し屋爪角の壮絶な人生を、現代の体力的に衰えだした中での死闘の中に、そこへ行きついた彼女の生涯を散りばめながら進む。
    同じ年の自分には、彼女や周りが「おばあちゃん」として卑下するのが気になるが、...続きを読む
  • 私たちが記したもの
    "人にはどうにもできない領域が確かにある。そんなときにできることは、待つこと、備えること、すっかり絶望してしまわないこと、かすかな運がめぐってきたときに受け入れ、感謝し、そのすべてが自分の努力の結果であるかのように装わないこと。涙が止まった。"(p.169『オーロラの夜』)

  • 私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない
    フェミニズムについて書かれた本で、わたしが最初に手にした一冊。出会えてよかった。
    傷付いては笑ってごまかしてきた日々に塗りこむ軟膏のようでもあり、ワクチンのようでもある。自分を守るための「ことば」たち。
  • 私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない
    本書を読んだら、話が噛み合わない男友達との会話が、掲載されているセクシストとの会話例にそのまま当てはまり、ショックだった。
    ここに書かれているような返しを咄嗟にできなかったことは悔やまれるが、話を中断するという選択をとらざるを得なかった過去を自分の中で少し許せた気がした。

    女性差別的振る舞いを正す...続きを読む
  • 私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない
    すべてを丁寧に、わかるように、わかってもらえるように、優しく、説明してあげる必要はない。
    相手に知ろうとする気がないからそもそも噛み合わないのだ。
    当たり前と言えば当たり前なことを気づかせてもらい、なんだかラクになった。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!