波多野聖の一覧

「波多野聖」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/04/08更新

ユーザーレビュー

  • メガバンク絶体絶命 総務部長・二瓶正平
    この小説は実際にディーリングルームで仕事をした人間でないと書けない、と思わせる詳細な記述、そして次から次へ起こる危機を、頭取を退いた相場師、桂がすんでのところで乗り切っていくスリル。そのテンポの速さに一気に読み切ってしまった。伏線の張り方とその回収も小気味良く、楽しく読ませて貰った。
  • メガバンク絶体絶命(新潮文庫)
    2017/2/24 No.7
    次々起こる出来事をスピード感を持って読める。1人の天才相場師の仕事ぶりがカッコ良い。
  • メガバンク最終決戦
    2016/10/29 No.24
    ストーリー良し、読んでいてわくわく、常に先が気になる展開、最近の小説で一番。
  • メガバンク最終決戦
    最初の入りは少し難しく退屈な部分もあったけど50ページ以降は、かなり興味をそそられたストーリー性にびっくり。
  • 疑獄 小説・帝人事件
    なんとなく、本の装丁とタイトルで選んだ本だけど、
    すっごく面白かった。
    歴史って現実にあったことなので
    それをさかのぼって、いろいろ妄想するのは楽しいもんだなぁって思いました。