「本城雅人」おすすめ作品一覧

「本城雅人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/28更新

ユーザーレビュー

  • ミッドナイト・ジャーナル
    誘拐された少女は無事、救出された。が、中央新聞社は「不明女児、遺体発見か」と、誤報した。それから7年、誤報の責任で地方局へ飛ばされた記者、関口豪太郎は再び少女誘拐事件と向かい合う。

    7年前のトラウマを引きずりながら、関口ら新聞記者たちが事件解決へ達する道のりはドラマチックだ。こうした現場を経て、彼...続きを読む
  • 英雄の条件
    こうやってドーピング問題を取り上げるとき、突き刺さるのは岡野(145頁)とエイミー(295頁)の言葉だと思う。主役は元選手の津久見じゃなくてライターの安達だよな、これ。
  • 監督の問題
    リアリティがあるところは半端じゃない。ただ、90%以上は現場のリアリティなんて無視している。そういう意味では「元スポーツ紙記者だから書ける」という帯のキャッチには笑うしかないけど、エンターテイメントなんだし、これくらいやってもいいと思わせるものがある。
    男社会の野球界(特に現場)をモチーフにした小説...続きを読む
  • 監督の問題
    関西の球団のスター選手だった宇恵が引退後に新潟を本拠地にする三年連続最下位のアイビスの監督に就任。すぐに監督をクビにするオーナーに問題だらけのチーム、新米監督の奮戦ぶりがとても面白かった。
  • ミッドナイト・ジャーナル
     人が力を合わせる。ぶつかり合いながら。
     そういう熱さが好ましい。

     新聞社だけの話じゃない。
     自分たちの職場でも、そうだ。