「香納諒一」おすすめ作品一覧

「香納諒一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:香納諒一(カノウリョウイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1963年01月16日
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:作家

早稲田大学文学部卒。1991年『ハミングで二番まで』でデビュー。『幻の女』で第52回日本推理作家協会賞を受賞。『贄の夜会』、『心に雹の降りしきる』など数多くの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/11/25更新

ユーザーレビュー

  • 無縁旅人
    実はあんまり期待せず読み始めたんだけど 面白かった。地味だけどね。
    内容はツライ話なんだけど ベテラン刑事2人の人柄と 辻原と舞子の不器用なんだけど 必死な人との関わり方。子供っぽいけど 他人への愛がある。そこに救いというか 読後感の悪くない感じがあるような。
    それにしても岩崎母子には うんざり。
    ...続きを読む
  • 毒のある街 K・S・P
    孤独なき地に続けて再読。2度目でもやはり前作より更に面白くなってると感じるのは変わりない。わたしの中では 孤独なき地 毒のある街ともに KSPのメンバーが魅力的というより 華のある悪役である中国マフィア の魅力に負うところが大きい。なんだろう。KSPのメンバーで肩入れしたくなるキャラクターがいないん...続きを読む
  • 孤独なき地 K・S・P
    初めまして、香納諒一さん。このK・S・Pシリーズずっと気になってて、やっと読めました。警察小説、久々かな。また良い警察小説に出会えました。これはもう詳細な相関図が欲しいですね。途中何度も「ええっと…この人は…」ってなる。でももうわたしはこのお話の、流れ・世界観を楽しむことにしたので、細かい登場人物の...続きを読む
  • 刑事群像
     最終頁を閉じると同時に思わずうーんと唸ってしまった。唸りにも二通りある。不満のうーんと、満足のうーんである。今回は後者の唸りで、うーんの後にすごいな、と付け加えた。繊細に積み上げた造形物のように、まるでマクロなスケールを持った定規で計算され描かれた設計図のように、思われるが、おそらくそうではあるま...続きを読む
  • 幻の女
    「義務教育と、受験戦争と、弁護士になるための徹夜の勉強で、十代から二十代の前半を過ごし、人間はみな平等だと、煮ても焼いても食えないような戯言を押しつけられ、それを押しつけられている方が楽だとどこかで思いさえしながら生きてきた。
    頭のなかでだけ、様々なことを理解して、理解しきれないことにはなるべく関わ...続きを読む