幻の女

幻の女

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

弁護士の栖本は五年ぶりにかつての恋人、瞭子に会い、未だに彼女を忘れられない自分を知る。ところがその翌朝、瞭子が刺殺されたという連絡を受け、彼女の本当の過去を追い始める。日本推理作家協会賞受賞作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年11月20日
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2020年11月21日

    ここまで愛した女は一体本当は誰なんだ?設定が面白く、死後すべてをなげうって探す男の純情さと、むなしさ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月17日

    「義務教育と、受験戦争と、弁護士になるための徹夜の勉強で、十代から二十代の前半を過ごし、人間はみな平等だと、煮ても焼いても食えないような戯言を押しつけられ、それを押しつけられている方が楽だとどこかで思いさえしながら生きてきた。
    頭のなかでだけ、様々なことを理解して、理解しきれないことにはなるべく関わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月18日

    「五年前に愛を交わしながらも突然姿を消した女、瞭子と偶然の再会を果たした弁護士の栖本誠次は、翌朝、彼女の死を知った。事務所の留守電には、相談したいことがあるとの短い伝言が残されていた。手がかりを求めて彼女の故郷を訪ねると、そこには別の人間の少女時代が…。」
    すごく興味のある内容だったので読んでみた。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月31日

    1999年度、第52回 日本推理作家協会賞 長編部門受賞。普通の推理小説が文庫で700ページはいささか長い。世界を舞台にするとか、大映ドラマほどの劇的なストーリー展開があるとか、ならば納得はするのだが・・・しかしながら、この作品はもの凄く考えられて書かれている。著者がインタビューで、完成した2つのス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月28日

    主人公・栖本が5年前に別れた恋人・小林遼子に再会し、直後に彼女が殺害されたことをきっかけに物語が展開していく。
    彼女の正体、過去を知ろうとする栖本が探偵と協力しながら、裏社会に足を踏み込み徐々に真実に迫っていく。
    長編。分厚い。
    面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月05日

    長かった。

    再会した女性が直後に殺され、留守番電話には「調べてほしいことがある」とのメッセージ。
    女性を調べれば調べるほど謎が深まる。
    彼女はそもそも誰なのか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日


    読み応えありました(笑)
    愛した女性の過去を調べていく弁護士。
    どういう風な展開になるのか
    凄く気になりながらページをめくってましたw
    700ページという厚さですが
    読んでる感があり、読み終わった後
    満足感がありました(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    単純に、面白かった。スケールが大きいのだけれど。
    予想通り、文章が自分好みで(つまるところ、たまに詞的な文が入るのだね)、そういう点からも読みやすかった。
    殺された自分の知り合いの女性は、本当は誰だったのかー…。暴かれることが彼女のためか、それとも別人として眠らせてあげるほうが幸せだったのか…。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    香納諒一の作品を讀んだのは、これが初めてである。
    第52囘日本推理協會賞受賞作品だと裏表紙に書いてあつたので、面白くない譯はあるまいと考へて購入した。

    面白かつた。
    主人公が愛した女は5年前に突然、主人公の前から姿を消した。
    そして偶然、再會したその日の夜に何者かに殺されてしまふ。
    女は何故殺され...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月13日

    本屋のお薦めコメントに乗せられ衝動買い。いわゆるハードボイルド。最後まで飽きさせなかったけど、展開は結構ありがちかも。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています