松崎有理の一覧

「松崎有理」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/12/24更新

ユーザーレビュー

  • 架空論文投稿計画
    でたらめな論文を投稿して査読機能をチェックしようとする話。研究者ネタや、ばかばかしい架空論文の数々が興味深い。引用文献も良くできてる。代書屋や「出すか出されるか法」につながるのもニヤリ。面白かった!
  • 5まで数える
    ん、これってSF になるのかな? 星新一ばりの固有名詞感覚にディストピアな設定。結構好みかも。疑似科学バスターズものはチャチなアニメみたいだけど、ドーナツは美味しそうだし、ハンニバル・レクターもどきがイイ味出してる。「砂漠」は過酷で素敵なサバイバル。そして表題作は手指失認の少年の話、どうやら実在の数...続きを読む
  • 代書屋ミクラ
    この本、教え子たち全員に読ませたいわあ。

    研究の世界というものの実質をびしびし
    脳髄に叩き込んでくれる。痛快!

    しかもなんとなく漂う胡散臭さが
    えも言われぬ高尚な香りを漂わせていながら
    知的な者以外がこの作品世界に触れることを
    拒むような狭量なこともせず
    エンターテイメントとしても面白すぎ...続きを読む
  • 未来製作所
    武漢ウイルス蔓延により、はからずも数多の余剰時間が出来まして。
    ひさぶりに本でも読もうかなぁ?と。
    でも?いきなり中長編はなぁ?と。
    ぢゃあ!星新一先生!てのも短絡。
    アンソロジーやショート集を読みたいな?と本著に出会い、田丸雅智さんをはじめショートショートの旗手の方々にも出会いました。

    ワンルー...続きを読む
  • Genesis 一万年の午後
    SF。短編集。エッセイもあり。
    これは良い企画。5年、10年と続いてほしい。

    久永実木彦「一万年の午後」
    人類絶滅後のロボットたち。綺麗な文章が印象的。

    高山羽根子「ビースト・ストランディング」
    怪獣を持ち上げるスポーツ。相変わらず奇妙な設定が持ち味。好き。

    宮内悠介「ホテル・アースポート」
    ...続きを読む