「松崎有理」おすすめ作品一覧

「松崎有理」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/06/20更新

ユーザーレビュー

  • 5まで数える
    ん、これってSF になるのかな? 星新一ばりの固有名詞感覚にディストピアな設定。結構好みかも。疑似科学バスターズものはチャチなアニメみたいだけど、ドーナツは美味しそうだし、ハンニバル・レクターもどきがイイ味出してる。「砂漠」は過酷で素敵なサバイバル。そして表題作は手指失認の少年の話、どうやら実在の数...続きを読む
  • 代書屋ミクラ
    この本、教え子たち全員に読ませたいわあ。

    研究の世界というものの実質をびしびし
    脳髄に叩き込んでくれる。痛快!

    しかもなんとなく漂う胡散臭さが
    えも言われぬ高尚な香りを漂わせていながら
    知的な者以外がこの作品世界に触れることを
    拒むような狭量なこともせず
    エンターテイメントとしても面白すぎ...続きを読む
  • 5まで数える
    ① 動物実験が禁止された世界の話。安全な医療とは、数多くの犠牲の上に成り立っているんだということ。 ② アンチフレッパーズ、アンチ疑似科学信仰 ③ ②の前日譚 ④ 凶悪犯罪少年集団6名を搬送していた飛行機が砂漠に墜落することによって巻き起こるドタバタ劇!(コメディとは言ってない) ⑤ いわゆる失算症...続きを読む
  • 5まで数える
    短編集。前半はSFなのかな。いきすぎた動物愛護で動物実験ができない世の中とか、ゾンビ的なものに怯える世界とか。全部面白かったけど重たい要素を含むなかで、ラストのショートショートが楽しかった!
  • 未来製作所
    タイトルに惹かれて読んだ本。
    物づくりと移動がテーマのショートショート。
    ブラックユーモアはあまりないですが、未来はどうなるかなぁと思って読むとピッタリだと思います。
    未来の方向性が感じられる本です。

特集