カミュの一覧

「カミュ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/03/19更新

ユーザーレビュー

  • ペスト
    人間の不条理に抗う者と正義の中で生きるものをペストの中で一つのまとまりにしそれに戦っていく人間のありありとした本質に近いものを書いており共感できる点が多数あり自分の理性に刺激を与えてくれる作品だったと思う。またカミュの文体が読み易く簡潔に記してありリアリティのある作品になったと思う。
  • ペスト
    COVID19の拡大で奇しくも圧倒的な同時代性を手に入れた本作「ペスト」。言うまでもないことだがCOVID19の存在を前提とせずともいつの時代も読む人の心に大きな瘢痕を残し続けてきた大名作だと思う。
    理屈も因果も通用しない圧倒的な不条理としては何もペストでなくても地震や台風などの災害、戦争など他の題...続きを読む
  • ペスト
    新型コロナ下での閉塞した生活と重ね合わせて、カミュの代表作の一つを手に取った人が多いと思います。私もその一人ですが、若き日に「異邦人」を読んだ時とはまた違った印象で、何というか、「ペスト」が象徴しているものが何なのか、色々と問いの残る読後感でした。
  • ペスト
    新型コロナウイルスの関連で読んだのだが、確かに現代に置き換えて身につまされる部分も多いんだけど、読んで一番思ったのは、フランス文学ってやっぱ肌に合うなーという感覚。どことなく静謐で幻想的で透明感がある感じがたまらない。
  • ペスト
    (01)
    終息まで1年を待たなかった。この北アフリカの海岸部の近代都市はその間、交通を奪われ、隔離される。その孤立には寂寥があり、寂しさには闘いがあり、闘争には敗北と神を畏れぬ信念がある。主人公の医師リウーの母以外にはこれといって女性も登場せず、ただこの都市の外にいて、都市の男たちに思われている。彼...続きを読む