砂原浩太朗の作品一覧

「砂原浩太朗」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2024/02/15更新

ユーザーレビュー

  • 夜露がたり
    時代物小説ながら勧善懲悪ではなく、人間の業を肯定する結末に満足できた。人の心の理不尽さを描くことで、登場人物への感情移入を容易にしてくれた。
    8編の中でも「死んでくれ」「さざなみ」「錆び刀」「妾の子」が好みだ。
    砂原浩太朗作品は追いかけていきたい。
  • 黛家の兄弟
    前作が良かったからすごく楽しみにしてたんだけど、期待以上だった!
    前作はもうちょっとほのぼの感というか、日常感があったけど、今回は凄くドロドロしてるし、人もいっぱい死ぬし、騙し騙され…って感じですごかった。
    次も楽しみー
  • 藩邸差配役日日控
    「差配役」って今で言えば会社の総務に当たるんやろうか。「何でも屋」らしい。理不尽な仕事やお家騒動に巻き込まれながらも、季節の移ろいやふと見える路地の佇まい、居酒屋でのちょっとした酒の肴などの描写が静かに染み渡りリアルに感じる作品だ。砂原さんのこのシリーズはかなり好きだ。
  • 霜月記
    これまでの神山藩ものは、設定が違って登場人物も重なることがなかったようだけど、この作品は続きが読みたい気がする。総次郎の奉行ぶりもだけど、武四郎のその後が知りたい。
  • 霜月記
    鳥と花の描写、綺麗ですね。そして、今回は料理の描写もまた涎出てきそうです。今回は前2作の神山藩シリーズと比べると少し軽量級ではありましたが、間違いなく面白かったです。やっぱり良い!清々しい読後感。最後の方の、宇津木っ?鏑木っ?、えーっそういうことなのぉ!というファンサービスもありましたね。このシリー...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!