町屋良平の一覧

「町屋良平」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2020年9月号

作品一覧

2020/08/07更新

ユーザーレビュー

  • 坂下あたると、しじょうの宇宙
    現代時にはげむ高校生のお話で、とても面白かった。
    ぽみちゃんという女キャラが、ちょっとあざといぐらい可愛くて、小説で萌えーな体験をするとは思わなかった。

    しばしば現代詩が引用されていたが、2,3回よんでも、さっぱり意味が分からないので半分ぐらい読み飛ばしていたのだが、中〜後半ぐらいに「そういう状態...続きを読む
  • ショパンゾンビ・コンテスタント
    某ゾンビ小説のピアノ版か?
    期待は良い方へグゥーンと軌道修正。
    まさかまさかの純文学。
    どこを開いても読んでもこれは素晴らしい。
    サラッと読み飛ばそうと思ったけれど思わず熟読。
  • 1R1分34秒
    この本好きだなぁと思いました。

    生きることについて向き合える本だと思います。

    ボクシングの知識が無い私でも読みやすかったです。


    ※ここからネタバレあり※

    ボクシングのプロライセンスを取った21歳の若い主人公。

    プロになれ喜んでいたけど現実は賞金を稼ぐほどの実力はなくバイトの日々。
    練習す...続きを読む
  • 1R1分34秒
    地味なプロボクサーとして生きている主人公。
    その心の葛藤と自我との闘い。
    スゲー面白い、スゲー文学的と一気に読み進めながら、僕はこんなに物事を具体的に抽象的に自分の人生を問いかけながら生きているだろうか、いや生きてないだろうな。と思い至る。
  • しき
    『なにかいってしまったら、言語化してしまったら、その瞬間になにかを「おもってしまう」きがしていたし、その瞬間こそに偏見に近寄る「感想」がうまれてしまうのかもなか、となんとなしに考えていた。』

    『実際、かれとしては夜に性的におもいだすことを、すきといっていいのかわからないとこあるな、という感想を毎日...続きを読む