更科功の一覧

「更科功」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/05/20更新

ユーザーレビュー

  • 若い読者に贈る美しい生物学講義―――感動する生命のはなし
    平易で読みやすく、たとえ話も秀逸で生物学に興味を持つきっかけとしてとてもよい本だと思う。生命の定義から、進化論の話、iPS細胞など比較的新しい話題までわかりやすく書かれています。イラストもかわいい。
  • 絶滅の人類史 なぜ「私たち」が生き延びたのか
    科学者らしく、2017年現在において、仮設段階にあるもの、コンセンサスが得られているものを丁寧に区分けしながら人類の進化の過程が語られている。とにかく例え話が秀逸で、スラスラと読み進められる。文章が本当にお上手。

    他のどの動物もなし得なかった「直立二足歩行」という形質を進化させた人類。その要因が、...続きを読む
  • 残酷な進化論 なぜ私たちは「不完全」なのか
    腰痛、難産などの不都合を抱える人体。だがそれは必要な進化だった。
    そもそも生きる・死ぬとはなにか、進化はなんのためにあるのか…。

    【生きているとはどういうことか】
    ではまず「エネルギーを吸収している間だけ一定の形をしていて(散逸構造)、ときどき同じものを複製する」とする。するとガスコンロや台風な...続きを読む
  • 若い読者に贈る美しい生物学講義―――感動する生命のはなし
    可愛らしいイラストで手に取った。内容は基本的な生物学の概説なのかもしれないが、古生物だけでなく細菌、細胞の話まで多岐にわたり、意外と難解である。
    特に驚いたのが人間の排出する便は小腸の細胞が3分の1にあたるという話。3カ月で体の細胞がまるっと入れ替わるそうだから一番活用率が高く過酷な環境ゆえらしいが...続きを読む
  • 残酷な進化論 なぜ私たちは「不完全」なのか
    学校で習ったことの記憶を辿ると、多くの生き物がいる中で哺乳類はそのピラミッドの頂点にあり、さらに「ヒト」はその上を極めています。確かに我々「ヒト」は他の生物を利用したり食べることで生きています。

    頂点に至る過程で私達は様々な進化を遂げてきたのですが、この本によると、その進化は「不完全」であるという...続きを読む