「武内涼」おすすめ作品一覧

「武内涼」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/09/07更新

ユーザーレビュー

  • 暗殺者、野風
    武田と北条の国境に位置し、暗殺を生業とする事で中立を維持する「杖立ての森、隠り水の里」で両親を含めた親類が皆殺しの目に遭い育てられた野風と言う少女が仲間の蟹丸、甚内と共に武田の山本勘助からの依頼で上杉謙信の暗殺を請負。謙信は丁度、北条に攻め込み撤収を図る時に多聞衆と言う凄腕浪人集団の護衛を雇う。その...続きを読む
  • 駒姫―三条河原異聞―
    大筋は実話だよね。
    悲劇の姫君が居たというのは資料で読んだか、誰かの小説の中で添え物の様に描かれていた様に思う。
    その悲劇の姫君「駒姫」を主人公に描いた長編小説。聚楽第輿入れ数日前から三条河原の処刑までを描く。オマケにその後の豊臣家滅亡が描かれているが殆どエピローグ。
    こんなに立派な姫だったのかは闇...続きを読む
  • 忍びの森
    とても、おもろかった!!
    キャラクターもいいし、話も飽きない気がする。妖怪等出てくるこういう作品というのは、現実味をもたせるのが、難しい気がするのだが、この作品では、細かい風景の描写とかで、そういうことに成功している気がする。現実的に迫力があってとても楽しかった。
  • 忍びの森
    つい先日読み終えた、和田竜さんの「忍びの国」の記憶も新しい中、同じ天正伊賀の乱を背景にした本作を読んで、全く異なるこの二作が実は繋がっているような錯覚を覚えた。
    というのは、全くの私見かつ余談。
    本作の話をすると、荒れ寺での精鋭の忍び達と妖達との凄絶な戦いは、確かに凄まじく、どうなるのかとドキドキし...続きを読む
  • 駒姫―三条河原異聞―
    著者の作品は初めて読むも、文体もなじみやすく、歴史的な重みを感じるシーンも多々あり、とても楽しめた。特に、秀吉の思考を実にわかりやすく表現しており、なるほどねぇ、と思うシーンも多々あり。
    若干、軽い文体のシーンもある中で、最終的にはすべてが丸く収まるのかと思いきや、なかなかに思いラスト。。まぁ、こん...続きを読む