「湯浅邦弘」おすすめ作品一覧

【湯浅邦弘】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/07/03更新

ユーザーレビュー

  • 菜根譚 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典
    現代にも通ずる考え方や立ち振る舞い、己に焦点を当て律することの必要性、外の不可避な状況への日々の対処法といった多くを学べます。論語や孫氏の兵法、武士道や宮本武蔵の五輪書を再読したい気持ちになりました。
  • 諸子百家 儒家・墨家・道家・法家・兵家
    儒家・墨家・道家・法家・兵家それぞれの思想の概略が、最新の発掘・研究を踏まえた上で解説される。

    諸子百家という言葉の存在は知っていたが、主要な思想について説明しろと言われると難しかった自分。本書は各思想のエッセンスが説明されており、概略を知りたい人にはうってつけだ。重要事項には原文(書き下し文)と...続きを読む
  • 菜根譚 中国の処世訓
    [渡る世間のお供に]中国の明末に洪自誠が著した『菜根譚』。中国最高の処世訓と呼ばれ、日本でも長く読み親しまれてきたこの作品を解説した一冊です。作品の成立背景が明らかにされるとともに、その教えが著者の解説付きで抜粋されています。著者は、同じく中公新書から『諸子百家』という作品を世に送り出している湯浅邦...続きを読む
  • 菜根譚 中国の処世訓
    現代にも通じる処世術である。

    西洋文明的ではなく
    何事も中庸がよいと考える中国の処世術は
    現代のストレス社会においては心地よく感じる。

    あまり頑張りすぎないことも重要である。
  • 菜根譚 中国の処世訓
    [ 内容 ]
    中国では長く厳しい乱世が多くの処世訓を生んだ。
    中でも最高傑作とされるのが、明末に著された『菜根譚』である。
    社会にあって身を処する世知と、世事を離れ人生を味わう心得の双方を記したこの書は、江戸期に和訳されて後、生涯の道を説くものとして多くの日本人の座右の書となった。
    本書では内容を精...続きを読む

特集