「中村文則」おすすめ作品一覧

  • 作者名:中村文則(ナカムラフミノリ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1977年09月02日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:作家

福島大学行政社会学部応用社会学科卒。2002年『銃』で第34回新潮新人賞を受賞しデビュー。『遮光』で第26回野間文芸新人賞、『土の中の子供』で第133回芥川龍之介賞を受賞。その他作品に『掏摸<スリ>』、『悪意の手記』、『何もかも憂鬱な夜に 』などがある。

作品一覧

2017/01/10更新

ユーザーレビュー

  • 去年の冬、きみと別れ

    やっぱり凄いと思わせる発想力を中村さんに感じるのは「土の中の子供」以来・あれは芥川賞を獲ったんだね~ライターの僕はある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は二人の女性を焼き殺した罪で死刑判決を受けていた。だが,動機は不可解。事件の関係者も全員どこか歪んでいる。人形師?姉?被害者?この異様さは何なのか。...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 去年の冬、きみと別れ

    表紙を見たときはミステリーだと思っていなくて、売れてるから読んでみようかなという軽い気持ちで手に取った。
    そんな出会いだったのに読み終わったときの衝撃が強かったので星5つです。


    物語はライターの僕がある猟奇殺人事件の被告に面会に行くところから始まる。僕は彼についての本が書きたい。なぜ、あんな事件...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 去年の冬、きみと別れ

    猟奇殺人事件の被告に、インタビューをしにいく男の話。事件の真相はただただ衝撃的。文体も素晴らしい。かなり面白かった!

    Posted by ブクログ

特集