「中村文則」おすすめ作品一覧

【中村文則】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:中村文則(ナカムラフミノリ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1977年09月02日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:作家

福島大学行政社会学部応用社会学科卒。2002年『銃』で第34回新潮新人賞を受賞しデビュー。『遮光』で第26回野間文芸新人賞、『土の中の子供』で第133回芥川龍之介賞を受賞。その他作品に『掏摸<スリ>』、『悪意の手記』、『何もかも憂鬱な夜に 』などがある。

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2017年8月号

作品一覧

2017/07/10更新

ユーザーレビュー

  • ご本、出しときますね?
    BSで放送してた番組の書籍化。
    この番組また復活してくらないかな。
    普段テレビに出ない作家さんたちの本音トークが聞けてめっちゃ面白かったのに。
    なのでこの本も面白かった。
    特に西加奈子と角田光代の回がほんとに可笑しい。
    西加奈子って下手なお笑い芸人よりよっぽど面白い。
    朝井リョウも思ったとおり自意識...続きを読む
  • 教団X
    同い年の作家ということで読み始めて2冊め。
    こういう内容でここまでの小説が書ける同級生がすぐ隣にいると想像しただけで、興奮が覚めやらなくなるという不思議な読後感をもった。
    とくに性に関する描写やその奥底にあるもののストーリー展開については物凄く共感を覚え、同じように感じている同世代でそのことが分かち...続きを読む
  • ご本、出しときますね?
    「読書芸人」として知られるオードリー・若林正恭が、大好きな作家を招いて鼎談したBSジャパンの番組をまとめた。プロデューサーは「ゴットタン」「ピラメキーノ」の佐久間宣行。
    2人のちょっと屈折した思い入れと、作家達の素晴らしい個性が相まって、深く、読みやすく、最高に面白いトークバラエティになった。

    ...続きを読む
  • 掏摸
    最後はハッピーエンドでも良かったような気がするが、まぁアレはアレで悪くない。
    個人的には子供が追跡していたなんて展開を考えた。

    悪の親玉(木崎?)のキャラは非常に強烈で良かった。
    別のストーリーでも使える普遍的な悪を見事に描いているので今後に期待。
  • ご本、出しときますね?
    作家さんの日常ってものすごく興味ある。すこし、その作家さんのふだんの顔が見えてきて、すごく意外だったのが、”以外と普通”な一面があったこと。そして、やっぱし、すごくおもしろい考え方してること。それを若林さんが繋いでくれる(私も見えるところまで)、あとがきを見ても思ったけど、こういう番組が、こういう考...続きを読む

特集