「原卓也」おすすめ作品一覧

「原卓也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/07/29更新

賭博者
  • ブラウザ試し読み

犬を連れた奥さん
  • ブラウザ試し読み

カラマーゾフの兄弟
  • ブラウザ試し読み

クロイツェル・ソナタ 悪魔
  • ブラウザ試し読み

人生論
  • ブラウザ試し読み

幼年時代
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • カラマーゾフの兄弟(下)
    いわずと知れた永遠の名作。
    ミーチャ。イワン。アリョーシャ。この三人で全ての人間が説明できるのではないかと思うほど。
    アリョーシャに憧れながら、イワンのような自分が悲しい。
  • カラマーゾフの兄弟(上)
    めっちゃ面白かった。お堅い歴史文学かと勘違いしてたけど、実際は昼ドラと刑事ドラマが合体したような愛憎の一大事件簿だった。登場人物の精神描写がすごくて、人間の苦悩と宗教の是非が論理的かつ感情的に描かれる。
    最近キリスト教にちょっとお熱になってる。漫画なんかにも多い展開だけど、結局この不条理に満ちた世界...続きを読む
  • カラマーゾフの兄弟(下)
    世界的文学作品というのはどういうものなのか?フラットな気持ちで読んでみた。冷静に見ると、形としては滅茶苦茶なところがあるし物語の流れもスマートとはいえないと思う。サスペンス的な要素を含む話の骨格の周りに沢山の視点と物語がある。流石の文量なのでそれぞれに厚みがあり世界がある。百年以上前の小説に「萌え」...続きを読む
  • カラマーゾフの兄弟(上)
    とても密度の濃い小説だった。
    低俗にして下劣、俗悪にして好色。
    およそ尊敬に値せぬ俗物の父親フョードルの血を受け継ぐカラマーゾフの三兄弟の愛憎劇を軸に二千ページにもおよぶこの物語は展開する。

    作中もっとも感銘を受けたのは有名な「大審問官で」はなくその序説「反逆」だった。

    イワンは現実にロシアで起...続きを読む
  • カラマーゾフの兄弟(中)
    (01)
    解法をほぼ無限に有する傑作なテクストで、テーマとモチーフ、ドラマとロマンス、エピソードとアレゴリー、ミステリーとヒストリー、コミカルとシニカル、どうつまんでもおいしいのが本書である。
    さしあたり人物の魅力ということなら、兄弟の主人公たちはともかく、いつも泣いたりへらついたりしているけれど漢...続きを読む