「佐木隆三」おすすめ作品一覧

「佐木隆三」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/03/18更新

ユーザーレビュー

  • 日本漂民物語(電子復刻版)
    戦後混沌とした日本各地のルポタージュ。カオスがそこかしこにあり、日本はまだまだアジア。今日のめしの心配をし、逞しく生きている日本人たち。そこに潜入(?)し、当事者たちにインタビューを決行する。東北の女、飲み助の夫を捨て、乳飲み子抱え東京へ逃げてきた。そしてキャバレーのホステスに。体ひとつで子育てし「...続きを読む
  • 復讐するは我にあり
    新装版となり、地名が実名になって読みやすくなりました。
    実在の事件の詳細は知りませんが、まるでノンフィクションを読んでいるかのようなリアリティーがあります。
    ここまで、人間って悪人になれるのかという印象を受けました。
  • 復讐するは我にあり
    綿密な記録調の文面に最初は「うへぇ…」となりますが徐々にクセになり、やがて著者の気迫に圧倒されます。何も知らず読んだだけにチャクラ全開になりました。そして私はこれ以上にかっこいいタイトルを持つ本を知りません。奇しくも先日著者の訃報が流れ、驚きました。。素晴らしい本でした。
  • 慟哭 小説・林郁夫裁判
    [揺れた人]1995年3月に発生した地下鉄サリン事件の実行犯の1人であり、オウム真理教の「治療省大臣」だった林郁夫。ある罪に関する取調べ中に、「サリンをまきました」と突如告白したその男は、裁判を通して自らが犯した罪への反省をのべ、教祖であった麻原彰晃(本名:松本智津夫)に対する「対決」を挑む。彼とそ...続きを読む
  • 復讐するは我にあり
    ずーっと昔に観た映画も凄かったが、原作も期待に違わず圧倒されました。まったく無駄のない文体が、迫真性を際立たせています。一気に死に追いやる残忍さと、いともたやすく人を欺く知能犯ぶりが一人の人間のうちに同居する、化け物のような犯罪人榎津の恐ろしさが伝わってきました。実際に起こった事件をもとに作られたの...続きを読む

特集