中室牧子の一覧

「中室牧子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/12/18更新

ユーザーレビュー

  • RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる
    洋書によくある冗長さと学術的な文体で、少し読みずらいところがあるが、とても学びが多い本でした。
    専門特化がもてはやされる今の時代に一石を投じる本で、幅広い知識や経験がもたらすものについて書かれている。

    特に印象に残ったのは幅広い知識、経験によって、
    ・不確実性に対応する力が高まる
    →異なる領域の構...続きを読む
  • 「学力」の経済学
    「子どもが自分と同じ仕事に就きたい」と言われた時、困ってしまう親にオススメです。
    子どもには自分と違う道を歩んでほしいと願っている人にとって必読の本だと思います。
  • 「学力」の経済学
    データに基づいた教育経済学の話。
    論文のようなかんじで、ちょっと文体的に読みにくく感じたところもあるけど、内容がおもしろい!目からうろこ、とはこのこと。

    人生の成功には、『自制心』『やり抜く力』などの非認知能力が重要。仕事をする中で、そうかも!と納得する。

    ・『勉強しなさい』はエネルギーの無駄遣...続きを読む
  • RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる
    永続的な知識を得るためには、ゆっくりと学習するのが最善だということだ。
    → 最も効果的な学習は非効率に見え、遅れを取っているように見える。

    行き過ぎた専門特化は、各部門が最も合理的な行動を取っていたとしても、全体としては悲劇に繋がる恐れがある。

    専門特化の傾向が進むにつれて、「平行溝のシステム」...続きを読む
  • 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
    「相関関係」と「因果関係」。
    自分がこのことに今までどれほど注意を払わずに生活していたかに気づかせてくれる良著です。

    例えば子どものテレビ視聴と勉強の関係について、「テレビを見ている子どもは学力が低い」と言われると、なるほど確かにテレビばかり見て勉強していないし、間違いなさそうな印象を受けます。
    ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!