「田中靖浩」おすすめ作品一覧

「田中靖浩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/11/02更新

ユーザーレビュー

  • 会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語
    お堅い本かと思ったら非常に柔らかく面白い。簿記会計がわからない人でも楽しめると思うが、わかっている人ならなおさら楽しい。自分のための簿記から、株公開のための財務会計、そしてまた自分のための管理会計にもどったというニーズから整理が素晴らしいと思った。また鉄道や音楽などその時代の花形産業がどのように会計...続きを読む
  • 「数字」が読めると年収がアップするって本当ですか? 決算書オンチのための「会社の数字」が肌感覚でわかる本
    就職活動をする前に、ぜひ読んで頂きたい本です。
    学生さんや、若いビジネスマンにおススメです!

    私も、営業時代は本書の著者と同じことを思っていました。

    現在、フリーランスになり、自分で全てをやるようになってみると、若い頃にいかに生意気なことを言っていたかがよくわかります。

    響いたのは
    「理不尽な...続きを読む
  • 会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語
    世界史、音楽、アート、会計。以上4つの要素に興味関心がある人にとってはたまらなく面白い本だと思う。個人的にはエンタメ的な面白さにおいては歴代の会計関連本の中でもNo.1だ。

    大筋は会計の歴史を複式簿記からファイナンス理論まで、15世紀のイタリアから現代まで、時代の流れに沿って紐解いていく。それだけ...続きを読む
  • 「数字」が読めると本当に儲かるんですか?
    サラリーマンなので、管理会計など名前は知っていても、内容は知らなかった。
    この作者は、脱サラして花屋をするのだが、「売り上げが上がればいいんだろう」と思い頑張るが一向にお金が貯まらない。そんな中限界利益率を学び、なぜ売り上げが1億円を超えても利益が上がらず赤字のままなのかを学び、どうすれば利益を得ら...続きを読む
  • 「数字」が読めると本当に儲かるんですか?
    数字音痴だから....
    で逃げてはいけない。

    計算式はどれも小学校で習うシンプルなもの。
    商品数を多く扱う店はめちゃくちゃ手間がかかるかもしれないが、それが利益に繋がると知ってやらずにいるのは経営者失格でしょう。

    とにかくやってみましょう!!

    ウチのような零細店舗がなぜ今まで続けて来れたのか、...続きを読む