会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

数字のウラに隠された、驚くべき人間ドラマ。
誰にも書けなかった
「会計エンタテインメント」爆誕!


【本書の特徴】
その1 ダ・ヴィンチ、レンブラント、スティーブンソン、フォード、
ケネディ、エジソン、マッキンゼー、プレスリー、ビートルズ
……意外な「有名人」たちが続々登場!

その2 冒険、成功、対立、陰謀、裏切り、愛情、喜びと悲しみ、
栄光と挫折、芸術、発明、起業と買収
……波乱万丈、たくさんの「知られざる物語」が展開します

その3 簿記、決算書、財務会計、管理会計、ファイナンス、IFRS
……物語を楽しく読み進めるだけで、これらの仕組みが驚くほどよくわかります

その4 イラストと写真、ひと目でわかるイメージ図が満載。
会計の本なのに、細かい数字はいっさい出てきません!


「私はこれまで数々のビジネススクールや企業研修で
会計分野の講師を務めてきました。
会計を『大局的に・楽しく』学んでもらうのはとても難しい作業ですが、
講義で『歴史』をもちいる手法はかなり効果的でした。

会計ルールの誕生エピソードや人物秘話を少々大げさな講談調で語ると、
受講者たちが身を乗り出してきます。
本書はそんな経験をもとにしています。

皆さんにも『好奇心とともに会計を理解する』経験をしてもらえれば
嬉しいです。」
──「旅のはじめに」より


【「9つの革命」で全体像がわかる】
第1部 簿記と会社の誕生
「3枚の絵画」
15世紀イタリアから17世紀オランダへ
銀行革命/簿記革命/会社革命

第2部 財務会計の歴史
「3つの発明」
19世紀イギリスから20世紀アメリカ、21世紀グローバルへ
利益革命/投資家革命/国際革命

第3部 管理会計とファイナンス
「3つの名曲」
19世紀から21世紀・アメリカ
標準革命/管理革命/価値革命

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
424ページ
電子版発売日
2018年10月02日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月11日

    この本を読んで会計500年の歴史を学ぶと、自分の仕事に対する見方がちょっと変わった。事業計画に関わる予算を検討することがたびたびあったが、正直将来の予想なんて机上の論理で意味をあまり見いだしていなかった。しかし、経営者は長い歴史の中で事業の管理から将来性の評価へ重点を移し、将来予測をいかに妥当に見積...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月23日

    簿記の勉強をするだけでは分からない会計の進化過程を、それに関連する歴史とともに学ぶことができる。関連要素は絵画・鉄道・音楽と多彩で、色々なものが会計を変えてきたことがよく理解できる。
    会計の進化が途上と考えると、今後どのような要素が会計に変化を及ぼすのか考えるのも楽しいかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月15日

    隠れた資産が増えている。

    優秀な人材は数値にでない。
    独自のノウハウ、ネットワークの強み。

    バランスシートに計上されないものを、見なければいけない。

    隠れ資産を見つけて、経営改善すれば『大化け』させることができる。

    見えてる世界の視点を、変えるきっかけをくれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月28日

    会計の歴史と世の中の産業の移り変わりにプラスして、その当時の著名人との関わりを説明してくれるので、堅苦しくなく興味を持って読み進めることができた。とても面白くておすすめ出来る一冊。

    個人的には鉄道と会計が結びついているような資料を見かけたことはあったが、なぜ深く関係しているのかこれを読んで理解する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月10日

    会計の基本的な成り立ちについて解説した本なのですが、世界史、産業史、美術史、音楽史を前面に押し出して興味をかきたてつつ、そこから財務会計、管理会計、ファイナンスなどがなぜ必要になり、どう発展したかを解説してくれるので、面白いことこの上ない。

    自分の専門(会計)だけだと類書はあまたあるが、そこに興味...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月24日

    最近会計の勉強をしているが、この本の内容を知ったことで、より会計を学ぶ意欲が湧いた!
    とても面白い内容でした

    『会計の世界史』要約
    flierより

    要点①
    簿記は15世紀のイタリアで誕生した。簿記は銀行が融資や回収、為替手形の発行や決算と行った取引記録をつけてその記録を他の支店にも共有するために...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月10日

    会計の学習をしていて、気になったので読んでみた。
    今まで机上の空論のような感じがした管理会計が、背景知識やどうやって生まれたのかがわかったことで親しみやすくなった気がする。
    会計を世界史と有名な画家や歌手などと結び付けられていて面白かった。特にオノ・ヨーコとマイケルジャクソンの考え方を比較して、コス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月06日

    拍手。

    かように国を跨ぎ、入り組んだ歴史をこうも物語として語ることができるのは才能ではないだろうか…かくありたい。
    海外、英単語の語源、音楽、様々な要素と共に会計を歴史という観点から紐解いていく。
    興味が尽きず最後まで魅せられ続けました。
    ありがとうございます。

    最後の参考文献の数の多さには本当...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月19日

    ここまで、特に難しい数式など使わず、どのように会計が発展してきたのか?を明確に分かるように書いてくれた本は無かった!素晴らしい。特に、学問的には成立済みの学として語られがちだが、時代時代で、ぶち当たった難題があり、それを解決するための方法として、会計が改良を加えて来たのだ。そして、よりよく記録出来た...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月30日

    名書。コンサル時代に社長から推薦され読んで本で、本当に出会えたことに感謝している。

    イタリアの複式簿記から、イギリス、アメリカの第一次、第二次産業革命を経て、会計の歴史(複式簿記→財務会計→管理会計、ファイナンス)が進化していくのが手に取るように分かる。

    商業から軽工業、重工業、金融業と会計の進...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語 に関連する特集・キャンペーン