会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

ビジネス・経済5位

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

作者名 :
通常価格 2,376円 (税込)
獲得ポイント

11pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

数字のウラに隠された、驚くべき人間ドラマ。
誰にも書けなかった
「会計エンタテインメント」爆誕!


【本書の特徴】
その1 ダ・ヴィンチ、レンブラント、スティーブンソン、フォード、
ケネディ、エジソン、マッキンゼー、プレスリー、ビートルズ
……意外な「有名人」たちが続々登場!

その2 冒険、成功、対立、陰謀、裏切り、愛情、喜びと悲しみ、
栄光と挫折、芸術、発明、起業と買収
……波乱万丈、たくさんの「知られざる物語」が展開します

その3 簿記、決算書、財務会計、管理会計、ファイナンス、IFRS
……物語を楽しく読み進めるだけで、これらの仕組みが驚くほどよくわかります

その4 イラストと写真、ひと目でわかるイメージ図が満載。
会計の本なのに、細かい数字はいっさい出てきません!


「私はこれまで数々のビジネススクールや企業研修で
会計分野の講師を務めてきました。
会計を『大局的に・楽しく』学んでもらうのはとても難しい作業ですが、
講義で『歴史』をもちいる手法はかなり効果的でした。

会計ルールの誕生エピソードや人物秘話を少々大げさな講談調で語ると、
受講者たちが身を乗り出してきます。
本書はそんな経験をもとにしています。

皆さんにも『好奇心とともに会計を理解する』経験をしてもらえれば
嬉しいです。」
──「旅のはじめに」より


【「9つの革命」で全体像がわかる】
第1部 簿記と会社の誕生
「3枚の絵画」
15世紀イタリアから17世紀オランダへ
銀行革命/簿記革命/会社革命

第2部 財務会計の歴史
「3つの発明」
19世紀イギリスから20世紀アメリカ、21世紀グローバルへ
利益革命/投資家革命/国際革命

第3部 管理会計とファイナンス
「3つの名曲」
19世紀から21世紀・アメリカ
標準革命/管理革命/価値革命

ジャンル
出版社
日本経済新聞出版社
ページ数
424ページ
電子版発売日
2018年10月02日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2019年01月05日

2019年1冊目。

会計のルーツを世界史から紐解く内容だが、極力簡単な言葉を使っているので読みやすい。普通に読み物としても面白いので良著だと思う。

自分自身も大学生の頃に財務会計論を一通り習ったが、正直インプットレベルは低かった。例えば、減価償却も理屈ではなんとなく理解できるけど、「だから?」み...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月11日

おもしろかった!
硬い感じはなく、なんで今日こんな会計やるんだろなあというルーツがわかった。
会計、世界史、美術、それに食であるワインも絡めたら最高なのにな!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月04日

お堅い本かと思ったら非常に柔らかく面白い。簿記会計がわからない人でも楽しめると思うが、わかっている人ならなおさら楽しい。自分のための簿記から、株公開のための財務会計、そしてまた自分のための管理会計にもどったというニーズから整理が素晴らしいと思った。また鉄道や音楽などその時代の花形産業がどのように会計...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月17日

世界史、音楽、アート、会計。以上4つの要素に興味関心がある人にとってはたまらなく面白い本だと思う。個人的にはエンタメ的な面白さにおいては歴代の会計関連本の中でもNo.1だ。

大筋は会計の歴史を複式簿記からファイナンス理論まで、15世紀のイタリアから現代まで、時代の流れに沿って紐解いていく。それだけ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月11日

タイトル通り会計の歴史をエピソードを交えつつ面白く伝えてくれる良書。こういう本を読んでから勉強すると学びやすいような。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています