会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

数字のウラに隠された、驚くべき人間ドラマ。
誰にも書けなかった
「会計エンタテインメント」爆誕!


【本書の特徴】
その1 ダ・ヴィンチ、レンブラント、スティーブンソン、フォード、
ケネディ、エジソン、マッキンゼー、プレスリー、ビートルズ
……意外な「有名人」たちが続々登場!

その2 冒険、成功、対立、陰謀、裏切り、愛情、喜びと悲しみ、
栄光と挫折、芸術、発明、起業と買収
……波乱万丈、たくさんの「知られざる物語」が展開します

その3 簿記、決算書、財務会計、管理会計、ファイナンス、IFRS
……物語を楽しく読み進めるだけで、これらの仕組みが驚くほどよくわかります

その4 イラストと写真、ひと目でわかるイメージ図が満載。
会計の本なのに、細かい数字はいっさい出てきません!


「私はこれまで数々のビジネススクールや企業研修で
会計分野の講師を務めてきました。
会計を『大局的に・楽しく』学んでもらうのはとても難しい作業ですが、
講義で『歴史』をもちいる手法はかなり効果的でした。

会計ルールの誕生エピソードや人物秘話を少々大げさな講談調で語ると、
受講者たちが身を乗り出してきます。
本書はそんな経験をもとにしています。

皆さんにも『好奇心とともに会計を理解する』経験をしてもらえれば
嬉しいです。」
──「旅のはじめに」より


【「9つの革命」で全体像がわかる】
第1部 簿記と会社の誕生
「3枚の絵画」
15世紀イタリアから17世紀オランダへ
銀行革命/簿記革命/会社革命

第2部 財務会計の歴史
「3つの発明」
19世紀イギリスから20世紀アメリカ、21世紀グローバルへ
利益革命/投資家革命/国際革命

第3部 管理会計とファイナンス
「3つの名曲」
19世紀から21世紀・アメリカ
標準革命/管理革命/価値革命

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
424ページ
電子版発売日
2018年10月02日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月14日

    会計と株式会社の歴史を、名だたる有名企業の創業史と重ねて描き出していく。各章の話の構成はワンパターンだが、絵画や音楽などのネタを手を変え品を変えて盛り込み飽きさせない。非常によくできた学習マンガ、という印象。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月08日

    ビジネスにしても世界で色んな物語があって、変遷を遂げてきたことがサクッと読めて面白かった。
    一緒に音楽の知識も知れたのが良かった。
    ハイボールの由来も。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月26日

    会計の歴史について今まで気にしていなかった。
    著書は時代背景とそこにまつわる会計のつながり、近代的になる世の中とそこに支えていく会計の進化を丁寧に分かりやすく纏めている。
    企業の経営者並びに経理、財務管理従事者、また少しでも会計に興味がある方へ読んで頂きたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月20日

    知的興奮を覚えた。簿記から管理会計、ファイナンスへ。起点となっている国がイタリアってのも面白い。そして、会計の歴史が産業の発展を支えたことがとても面白い

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月29日

    面白かった。銀行の為替業務、収支管理から利益管理への変化、対外説明としての財務会計と内部管理のための管理会計

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月12日

     振り返れば大陸横断鉄道が完成し大量生産がはじまった19世紀後半、 カーネギーやロックフェラーたちは「規模」を目指しました。続いて企業規模が拡大し、多角化がはじまった20世紀前半、デュポンは「効率」を目指すようになりました。そしてビートルズが登場した情報化時代の20世紀後半、こんどは「価値」が経営の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月04日

    おもしろい!
    簿記の始まり、減価償却の始まり、原価計算の始まりなど、世界史のなかで分かりやすく教えてくれます。会計の世界史です。
    それだけでなく、銀行の始まり、株式会社の始まり、会計監査の始まりなど、会計が必要とされた背景や、監査が必要になった理由なども、世界史の流れの中で捉えることができます。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月14日

    会計本は数あれど、歴史に焦点を当てるという新しい視点の一冊。

    決して小難しい事が書いてあるわけではなく、ストーリーとして会計の歴史が学べる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月26日

    久々に手に取った会計本。
    会計って苦手意識のある人が多いと思いますが、
    会計の歴史のを通じて、会計を学びましょうという、
    歴史好きにはたまらないコンテンツ(本の企画)。

    自分は世界史にはとても疎いのですが、
    著者がちょうどいい具合いに分かりやすく書いてくれているので、
    世界史初心者でも十分楽しんで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月03日

    会計の歴史が物語で書かれていて面白かった。
    第一部の簿記の誕生は少し古すぎて無理矢理こじつけて物語にしてる感があったが、第二部、第三部は今の会計にも通ずるところがありとても面白かった。
    特に会計の役割が、自分たちのためから株主、投資家のために遷移していったが今もう一度自分の会社のための会計として管理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

日本経済新聞出版 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語 に関連する特集・キャンペーン