高山羽根子の一覧

「高山羽根子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:高山羽根子(タカヤマハネコ)

公式Twitter

配信予定・最新刊

文藝春秋2022年10月号
NEW
950円(税込)

作品一覧

2022/09/09更新

ユーザーレビュー

  • 首里の馬
    「居た場所」は未読だが、これまで読んできた作品の中で間違いなく、高山羽根子さんの最高傑作だと思います。

    終戦間際の琉球の地獄のような状況も、今現在の様々な国の抱える悩みや苦しみも、周りの倫理観の違いによる痛みを抱える孤独な人たちも、すべて引っくるめて、絶えず変化している真実たちの、その瞬間瞬間を、...続きを読む
  • Genesis 時間飼ってみた 創元日本SFアンソロジー
    新進気鋭の作家様によるSF中短編書き下ろしプラス創元SF短編賞受賞作アンソロジー

    自分の裡に形成される「SF固定概念」を毎回アップデートしてくれる最先端を走るシリーズ

    ティプトリーを読み涙していた頃、このような未来型が到来すると露ほども予測せず、また今後どのような作品が紡がれてゆくのか、想像する...続きを読む
  • 首里の馬
    沖縄を舞台に、知識を蓄え続ける女性の祈りを描く。
    何の話なのか中々掴めず、Questionを抱えながら読み進めたのだけど、、宮古馬の出会いからグンと引き込まれ、ラストには泣いてしまった。
    物寂しく、ささやかで、美しい。何度も読み返したい作品。


  • 首里の馬
    一気に読んだ

    高山さんの本は、如何様以来2作目
    空白の時間をもつものが共通項
    如何様では出征中、今回は沖縄の失われた記録
    他の本はどうなんだろ

    双子台風の合間に現れた馬
    肉じゃが、まよう、からしの首里城は数年前に燃えてしまい、再建されたもんね
  • カム・ギャザー・ラウンド・ピープル
    文章が素晴らしい。
    透き通っていてとても瑞々しい。ずっとこの文体に溺れていられる。凄く好き。
    POPなだけじゃ終わらせない。

    おばあちゃんの背中 一番きれいで、しかもエロかったんだよ。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!