田村義進の一覧

「田村義進」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/03/03更新

ユーザーレビュー

  • メソポタミヤの殺人〔新訳版〕
    今回は(今回も?)愛憎渦巻くストーリーで、それぞれの人間関係が複雑でした。
    異国の雰囲気や情景も綺麗で、旅情をかきたてます。

    この作品では、遺跡調査団のリーダーである考古学者の妻・ルイーズの世話をするため雇われたレザランという女性が、ポアロの助手役として登場しました。

    ルイーズは人々の中心に自分...続きを読む
  • ゴルフ場殺人事件
    ポアロシリーズには度々、ヘイスティングズが出る。
    彼の推理はいつだって見当違いなのだが、読んでいる私はそれにすら気づけないのかと思ってしまう。

    はっきりと言えば、彼も中々頭の回転が早い。
    ただし、ポアロの思考力が抜き出ており、その小さなヒントから導かれるモノが二、三上をいく。

    とりあえず、私はヘ...続きを読む
  • ゴルフ場殺人事件
    ポアロ
    シリーズ2作目。二転三転、予想外の犯人で面白かった。本筋とは関係ないが、ポアロの部屋の暖炉の上の猟犬の置き物の名前が「ジロー」というところで笑ってしまった。美女に弱すぎてとんでもないことをするヘイスティングズには呆れるけれど、この人のキャラクターで暗くなり過ぎずに読めるのも確か。
  • カルカッタの殺人
    シリアスなんだけどどこかコミカルな雰囲気が良かった。作者はイギリス育ちのインド系移民。イギリス、インドどちらに対してもフラットに俯瞰した歴史的事実を背景にストーリーが展開するので、お勉強にもなります。
    次の作品は積読状態ですが楽しみにとっています。
  • メソポタミヤの殺人〔新訳版〕
    原題 “Murder in Mesopotamia”

    ポアロ・シリーズ。

    凄いトリックがあるわけでもないけど、普通に面白かった。

    舞台はメソポタミアのテル・ヤリミア。遺跡調査団長レイドナー博士の妻ルイーズは死んだはずの先夫からの脅迫状を受け取っていて、そして、調査団の宿舎で殺害されてしまう。
    ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!