市川伸一の一覧

「市川伸一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/08/20更新

ユーザーレビュー

  • 考えることの科学 推論の認知心理学への招待
     人間の判断過程・推論の仕方がどのようなものであるか、を描いた本書。
     私たちの推論やものの考え方というのが、統計学や確率論、論理学などに忠実かというと、そうではない(そうではないからこその、この一冊の本なのですね)。
     それどころか、人間の推論の仕方は、-この本ではいくつかの実験結果が紹介されてい...続きを読む
  • 勉強法の科学 心理学から学習を探る
    ■要約 :『考えることの科学』『勉強法の科学』『勉強法が変わる本』市川伸一著 より、KJ的にひも解いてみた。
     
     『世の中にある問題というのは、初期状態、目標状態、操作がはっきりとは決められないものが数多く』、『どのような手が使えるか…を考え出すことがたいへんなのである』。
     『何らかの認識にいた...続きを読む
  • 考えることの科学 推論の認知心理学への招待
    品質管理の書籍でよく見かける大数の法則、検定と推定、相関、回帰などが出てくる。ただ、品質管理の書籍で語られているアプローチとは異なり、とても身近で、人間的で、かつおもしろい。
    認知心理学の立場から語られているためか、著者のキャラクターによるものなのかわからないが、これはいい。

    昨今は特に モノづく...続きを読む
  • 学ぶ意欲の心理学
    どうすれば子供に学ぶ意欲をもってもらえるのかを知りたくて読んでみた。
    前半の基礎心理学の紹介は、非常に明快でわかりやすく、人間以外の動物も、報酬(エサ)がなくても学習しようとする、とか、複雑なものを解き明かしたいという心理をもっているという動物実験や人体実験の結果に基づいた理論は非常に納得できた。
    ...続きを読む
  • 勉強法の科学 心理学から学習を探る
    それなりにまとまってて読みやすい。方法論より理論的な面が強いので、実践的な勉強法を知りたいのであればこの著者の『勉強法が変わる本』を読んだ方がいいかもしれない。もちろんこの本も十分役に立ちますが。