吉野万理子の一覧

「吉野万理子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/11/15更新

ユーザーレビュー

  • 赤の他人だったら、どんなによかったか。
    神奈川県出身の作家の作品として読みました。
    主人公は中学生。
    夏休み明けに転校生がやってきたことで、それまでの環境が大きく変わります。
    転校してきた聡子(さとこ)は、先だって起こった通り魔事件の犯人の娘、であると同時に、自身の「遠い親戚」でもあったのです。

    直接血がつながっているわけではないとはい...続きを読む
  • 青空トランペット
    ・この本には、野球場でトランペットを吹いて応援したいという夢を持つ男の子が一生懸命で読んでいて次が読みたくなる前向きな本でした。読むとやる気が出ます。
  • おしごとのおはなし 獣医さん めざせ! 動物のお医者さん
    ・お医者さんはうまかったけど、とつぜん飼ってるゴンがぐわいが悪いのに助けてやれなくって、お医者さんをやめると思って選びました。
  • 青空トランペット
    小学6年生の広記は、父、妹の奈奈、同級生の建太郎、トモちんと横浜スタジアムでベイスターズの応援をするのが一番の楽しみ。

    憧れは、ハマのキャプテン筒香嘉智。
    「体が大きくって、森のどまんなかに生えてる、どっしりした木みたいだ」


    「応援する人じゃなく、応援される人になりなさい」

    こうお母さんに言...続きを読む
  • 雨のち晴れ、ところにより虹
    短編集。吉野万理子お得意の湘南周辺が舞台。どれも読後感良し。表題作の「雨のち晴れ、ところにより虹」が印象的だった。ホスピスで幼少期の悪夢に悩まされる主人公、そのアヤとの再会。必死にダイエットしたアヤすごいな、と思った。私がもし初恋の人に出会ったらどうなるだろう。絶対に気付けない自信あるけど(笑)