「風間賢二」おすすめ作品一覧

【風間賢二】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/07/26更新

ユーザーレビュー

  • ダークタワー IV‐1/2 鍵穴を吹き抜ける風
    今回の角川文庫版「ダークタワー」の中で、唯一の本邦初訳(訳し下ろし)作品です。
    Ⅳ-1/2とあるように、ちょうど読み終えたばかりの「Ⅳ 魔道師と水晶球」の直後、「Ⅴ カーラの狼」の直前のエピソードにあたります。なので、オープニングは実にすんなりと入り込め、とってつけた感は全くありません。

    〈中間世...続きを読む
  • ダークタワー IV 魔道師と水晶球 下
    狂気の列車ブレインとの闘いを終えた旅の仲間たちは、〈中間世界〉から離れたアメリカはカンザス(ただしローランド以外の仲間が知るそれとは別次元世界!?)に辿り着きます。
    そこに広がる〈希薄〉からの連想により、ローランドは自身のガスリンガーとしての初の任務とその際の自身の初恋(同時に彼の生涯唯一の恋愛)を...続きを読む
  • ダークタワー I ガンスリンガー
    新潮文庫版で読み終えて以来、実に10年ぶりに暗黒の塔への旅を再開しました。

    あらゆる次元世界の中心に位置し、それらを繋ぎ止める役割を果たしている暗黒の塔(ダークタワー)。邪悪なる存在によって、その塔が倒されることを防ぎ、塔を守るために「最後の拳銃遣い〈ガンスリンガー〉」であるローランドは、謎の〈黒...続きを読む
  • 瞬きよりも速く 〔新装版〕
    まず装丁がかっこよく、タイトルもかっこいい。そしてあとがきまでもかっこ良かったです!個人的には「ザハロフ~」「芝生で泣いている女」「交歓」が良かったです。
  • ビッグ・ドライバー
    抜き差しならない状況に追い込まれた恐怖を描くことで人間の本性をあぶりだすのがキングという作家。キングの描く「抜き差しならない状況」というのは死に直面することだ。自分の命が危うい恐怖からさらにエスカレートして、相手の命を奪わなければならない状況に陥ったら・・・汗。

    勧善懲悪の時代劇でもなく現代は法治...続きを読む

特集