甲田学人の一覧

「甲田学人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:甲田学人(コウダガクト)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1977年
  • 出身地:日本 / 岡山県
  • 職業:作家

二松学舎大学卒。2001年『Missing 神隠しの物語』でデビュー。作品に『断章のグリム 全17巻』、『ノロワレ』、『時槻風乃と黒い童話の夜』などがある。

作品一覧

2022/03/25更新

ユーザーレビュー

  • Missing2 呪いの物語
    新装版になって怖さが倍増してるきがする。
    細かい所が書き直されて、物語がしっかりまとまっている。書き下ろしの掌編だけでも読んでほしい。
    中身に出てくるオカルト系の知識だけでも半端ない。どうやって書いているんだ。
    魔術というものに焦点を当てているだけに、前作の「神隠しの物語」とはまた違う味わい。でも作...続きを読む
  • Missing6 合わせ鏡の物語〈上〉
    甲田さんの文章って相変わらず足音もなく静かにゆっくりと怪奇(狂気)が歩み寄ってくる感じで、好きです。
    首くくりは上下巻同時発売だったのに、合わせ鏡は同時発売じゃないのかよ!と思ったけど…合わせ鏡だから同時に発売したらダメなのか。
  • Missing 神隠しの物語
    学生時代にハマっていたシリーズの新装版ということで購入。
    学校都市という閉鎖空間で変化していく人間関係の生々しさ、怪異によって引き起こされる事件の残酷さや解決しても残る後味の悪さ、五感全てに訴えかけてくる恐怖や嫌悪感。リアルタイムで読んでいた頃の感覚が鮮明に思い出され、怖いのに続きが見たくて一気に読...続きを読む
  • 断章のグリムI 灰かぶり
    《読み終わってから時間が空いていますが感想書きます》


    まず、個人的にはどんぴしゃりな作品でした。
    というのは━━

    1⃣ただただ凄惨な悲劇とそれに抗おうとする悲壮感(ようは鬱)

    2️⃣ヒロインがゴスである

    3⃣主要キャラクターには《断章》というトラウマがある

    4⃣題名通り「グリム」。つまり...続きを読む
  • 霊感少女は箱の中2

    面白いなー

    最高に後味が悪い
    しかし、そこがいい
    前向きに物語を終わらせないのが、この作品を印象深くさせる要素なのではないだろうか
    私の心が歪んでいるからなのか分からないが、正直最後の終わり方は共感したくなった
    登場人物の心理描写が非常に秀逸だ
    人間らしすぎて、乾いた笑いが出た
    人間、綺麗な心の持ち...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!