「毎日新聞社」おすすめ作品一覧

「毎日新聞社」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/18更新

ユーザーレビュー

  • 大日本帝国の興亡〔新版〕5──平和への道
    アメリカ人著者による太平洋戦争を描いた5巻のうちの最終巻。
    今回は広島・長崎に原爆が投下され、最終的に日本がポツダム宣言を受け入れるまでのいわゆる「敗戦」場面である。

    アメリカの原爆投下決定までのやり取り、日本側の天皇が最終的にポツダム宣言受諾の聖断をするまでの経緯、玉音放送を阻止しようとした一部...続きを読む
  • 大日本帝国の興亡〔新版〕3──死の島々
    太平洋戦争を描いた5巻のうちの1巻。
    この第3巻はガダルカナル島・サイパン島の戦いである。

    相変わらずではあるが、非常に細かいところまで取材されており詳しく書かれているのであるが、私に知識が伴っていないため十分には理解できなかった。

    ただ、両島の戦いがいかに壮絶なものであったかは十分には伝わって...続きを読む
  • 大日本帝国の興亡〔新版〕2──昇る太陽
    アメリカ人の著者による太平洋戦争を描いた5巻のうちの1巻で、この2巻は太平洋戦争開幕からミッドウェー開戦までを描いたものである。

    1巻同様に著者の取材力には脱帽である。
    ただ、私に太平洋戦争の知識が少ないため、正直話を頭の中で整理できなかった。

    戦闘そのものの話がメインで、主な登場人物は軍人とな...続きを読む
  • 大日本帝国の興亡〔新版〕1──暁のZ作戦
    2・26事件から太平洋戦争開戦直前を描いた本である。
    一言でいうと「非常に良い」。

    この本を書くにあたって、著者は日本・アメリカ双方の戦争関係者約500人に取材したというだけあり、内容は非常にリアルで分かりやすい。

    誰も戦争を望まないなか、日本の指導者たちがどのような経緯をたどって開戦という決断...続きを読む
  • 大日本帝国の興亡〔新版〕1──暁のZ作戦
    歴史書は苦手なのであまり手出ししていなかったのだが、なかなか面白く読めた。この巻は真珠湾攻撃直前までだが、続きを読まねばならない。昭和陛下が戦争をさせまいとしておられたことや、高い城の男が着想されたであろう背景が分かった。

特集