今村夏子の一覧

「今村夏子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2019年11月号

作品一覧

2019/10/10更新

ユーザーレビュー

  • こちらあみ子
    タイトル作を含む3本の短編作品集。どの作品も世間から浮いている女性が主人公。最近の作者の芥川賞受賞作「むらさきのスカートの女」を楽しく読めない読者は、この3作品は少々、読まないほうが良いかもしれない。

    で、タイトル作「こちらあみ子」。主人公のあみ子は今で言う発達障害。彼女の純粋で周囲に強調しない発...続きを読む
  • こちらあみ子
    これは、苦しい。
    ギューッとなる。
    あみ子、、罪はないけど、一緒にいたら壊れてしまうのも分かる。
    寄り添おうと思う人ほどつらくなるのでは。

    赤ちゃんか無事に産まれていれば、変わっただろうか。
    クラスの男の子のおかげで少しだけキモチが生まれただろうか。
    父を責めることもできない。
    兄も精一杯優しくて...続きを読む
  • あひる
    読み進むにつれて、得体のしれない不安が募ってくる。
    一度読んだだけではもやもやしたままだったので、即、再読して分かったこと。
    あひるや近所の子供達は、両親にとっては自分たちの希望(孫が欲しい、孫と一緒に暮らしたい)を疑似体験するための道具に過ぎない。
    「のりたま」が死んでも、簡単に代わりのあひるを連...続きを読む
  • こちらあみ子
    芥川賞作家・今村夏子さんの原点となるデビュー作品集。私は本書を読んで完全に著者の本質を理解できた気がします。「こちらあみ子」の風変わりな少女あみ子の同級生のり君への恋心「ピクニック」の七瀬嬢が恋人げんき君に尽くす献身「チズさん」のお婆さんに対する私の執着はそのまま「むらさきのスカートの女」の権藤チー...続きを読む
  • むらさきのスカートの女
    最後に えええ
    ループ? と思われる終わり方
    もう一度元に戻って読みなおしたくなる
    気持ち悪いのに 
    なんだかくすっと笑えて
    不思議に嫌な気にならない
    なかなか 珍しい小説だと思いました

特集