【感想・ネタバレ】女ともだち のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月26日

とても面白かった!

SNSがただ”SNS”って出てくるものは読んでたけど、こんな風にfacebook、instagram,LINEって固有名詞で書いてくれると一気に身近に感じた。SNSって書かれるとどんなやつかなって考えなきゃいけなくなるから、フィクション感が増しちゃうんだよね。


↓以下ネタバ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年07月11日

女性作家8人の「女ともだち」をテーマにしたアンソロジー。こういうアンソロジーて、「ん?」て思うものが入っていたりもしますが、今回はどれも面白かった。初め3篇は女性のドロドロした部分をクローズアップ。友達ストーカー手怖い!でもこんな心理なんだろうなぁ。大崎梢は未熟な子供同士の嫉妬、大人になるともっと世...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月20日

女ともだちかぁ…ドロドロだろうな…
と、読むかどうか迷っていたのだが、気が付いたら読んでいた。

しかし、内容は、予想の斜め上を行くもの。
私の思い描いたドロドロは“三角関係”とか“ライバル”とか“嫉妬”だったのだが、それは、さすがオバチャン、認識が古い!!…という感じで。

最初の三作は、三部作?...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月18日

村山由佳、坂井希久子、阿川佐和子、森絵都ら当代きっての人気女性作家8人が、「女ともだち」をテーマに豪華競作! 微妙であやうい女性同士の関係を描きだす、逸品ぞろいの短編小説。

女友達って本当に微妙・・・

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年09月18日

*村山由佳、坂井希久子、千早茜、大崎梢、額賀澪、阿川佐和子、嶋津輝、森絵都―当代きっての人気女性作家8人が「女ともだち」をテーマに豪華競作!「彼女」は敵か味方か…微妙であやうい女性同士の関係を、小説の名手たちが描きだす逸品ぞろいの短編小説集。コワくてせつなくて愛しい物語の世界をぜひご堪能ください*
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月20日

●COPY/村山由佳
●ト・モ・ダ・チ/坂井希久子
●卵の殻/千早茜
●水底の星/大崎梢
●こっちを向いて。/額賀澪
●ブータンの歌/阿川佐和子
●ラインのふたり/嶋津輝
●獣の夜/森絵都

はじめの3作は、「これってホラーアンソロジーだっけ?」と思わせるお話。
個人的には額賀澪と森絵都が特におもし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月02日

昔から変わらない関係、変わっていってしまう関係‥‥‥スカッとするような友情、今にも崩れてしまいそうな友情…‥女同士の微妙な距離感がうまく書かれていてる。たしかに年取るにつれ友達作りは難しくなっていく。分かる分かる、あったあった、そんな気持ちを思い出させてくれる一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月26日

まぁあれだね~。
女ともだちはめんどくさくてややこしくて、恐ろしくて。

でもラストの「獣の夜」はよかったなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月25日

全体的に「女ってコワイ、友情って一歩間違えると執着なのか…?」というオチが多い短編集ですが、そんな中だからこそ、阿川佐和子・森絵都の二編の友情が引き立ちました。
特に森絵都の短編は、話の転がり方がぶっ飛んでいるし登場人物がいろんな意味でユルすぎるのですが、そんなめちゃくちゃな中から描かれる女の友情が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月11日

短編集なので読みやすかった。
女友達特有?の嫉妬や、馴れ合い方、友情が描かれており、絶妙。社会人になって、住む世界が変わって疎遠になって、そうそう。社会人として出会って、学生時代なら友達になれたはずなのに一線置いてしまって、そうそう。と行った感じ。大人になったからこそ築ける関係、大人だからこそもう昔...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月15日

8人の女性作家のアンソロジー
村山由佳
坂井希久子
千早茜
大崎梢
額賀澪
阿川佐和子
嶋津輝
森絵都

額賀澪さん、嶋津輝さんは初めましての作家さん。
”女ともだち”って…
ちょっと恐ろしい…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月01日

有名作家さんたちのアンソロジーということでかなり期待度高めで読み始めたけど、女特有の面倒くささが際立って食傷気味に。短編なので食あたりになってしまうのかと思うほどに短いスパンで嫌な気分に何度も突き落とされて。
と思ったら最後の3作で救われたかな。
女ともだち。いなきゃ寂しくて、男の人とでは拭えない傷...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月02日

COPY 村山由佳 そっちかー!
ト・モ・ダ・チ 坂井希久子 怖い。侵食系電波
卵の殻 千早茜 ある。こういうのある。
水底の星 大崎梢 朋...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月07日

【収録作品】「COPY」 村山由佳/「ト・モ・ダ・チ」 坂井希久子/「卵の殻」 千早茜/「水底の星」 大崎梢/「こっちを向いて。」 額賀澪/「ブータンの歌」 阿川佐和子/「ラインのふたり」 嶋津輝/「獣の夜」 森絵都
 本音に共感できる部分があり、解放感を感じる。

このレビューは参考になりましたか?