【感想・ネタバレ】86―エイティシックス―(14件)のレビュー

レビュー

Posted by ブクログ 2018年01月08日

くそう、私はこの話好きだ、めっちゃ好きだ! この国のあり方は幾ら何でもありえないけど、ページをめくる手が止まらない。ラストひとつ手前で泣き、最後の最後で本当に泣いた。出来過ぎ、蛇足、と言う人もいるかもしれないが、本当に、良かった、と思えた。それで満足だ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月23日

すごく面白くて一気読みした。終盤以降泣いて、ラストシーンでもっと泣いた。上手い言葉が出て来ないが、読めてとてもよかった。急ぎ既刊全て購入したい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月04日

うん確かに、これは大賞だわ。

第23回電撃小説大賞「大賞」受賞作。
国家の政策により人以下に落とされ戦場で戦わされる少年少女達とその政策に憤り彼らの力になろうとする後方支援官の少女の物語。

遠く離れた場所で顔を会わせることもない彼らが仲間の死や軋轢を経て次第に交流を深めていく様がなんともいい。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

お勧めです!

タモDX 2018年04月11日

1巻だけ買って 様子見のつもりが 読み始めたら 2巻 3巻 即買い! 大満足の面白さ 読まないと損ですよ〜〜

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月08日

会わないけど、ボーイミーツガール(笑)

文句なしの面白さでした。一気読みしてしまいました。
閉じられた世界で、外からの圧力にさらされ続けたら、きっと人は仲間内の弱者を強いたげだすのでしょうね。
背景が特に書かれず、既に追い詰められている現状から話が始まります。
退廃により終わりに向かっていく国の中...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月08日

ミリタリー×ボーイミーツガール好きにはたまらなかった……!
みんな死んで終わりかと思いきや、以外にもハッピーエンドという所も非常に好み
部隊のキャラクターがいくらかいる割にそのキャラクターのエピソードが細かく書かれてないので、続編や番外編で個々のキャラクターに焦点を合わせた話も読んでみたい
メカ知識...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月28日

最初読みづらいなと思ってましたが、この硬い文体と世界観がマッチしてるんだと気づき、中盤以降はスラスラ読める程度に慣れました。

退いても死ぬ、進んでも死ぬという状況でとる行動が美しい。

このレビューは参考になりましたか?

よかったっ!

サクラ 2018年02月08日

改めて考えさせられました。
差別なんて、している方はきずかないんだって。
知らぬうちに、相手を傷つけているかもしれないって

序盤からシビアな感じでしたが、その感覚が気持ちいいなーって思えました

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月07日

うわー!引き込まれて、一気読み!

白系種こそが主たる国において、色付きの人々(エイティシックス)は最早、人間とは見做されなかった。
つまり、彼らをどう扱おうと、戦死者には数えられず、あまつさえ絶滅を期待されているレイシズム満開の戦場。

ヒロイン白系種レーナは、言うなればゼノギアスのエリー的存在で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月27日

すごい作家が出てきたものだ。第23回電撃小説大賞の大賞受賞作は、それに相応しい骨太なファンタジーだった。

戦死者ゼロの戦争、でもそれは兵士を「人」として扱わない故の欺瞞。最初は設定先行かなと思ったが、読み進めればどんどん面白い。‬ちょっと変わった舞台設定に、あくまで王道の構成、多少修飾過多なきらい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月18日

デビュー作にしてはなかなかの面白さだった。設定やキャラごとの掘り下げの浅さが気になったけれど、1巻分では限界かなとも思う。もう少し巻数をあげてほしいかった気もする。
最後に短い章が続くところは、人によって好き嫌いは分かれると思うが、個人的にはあの構成演出はとても気に入った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月08日

今年は月一冊くらいのペースでライトノベルも読んでみようと思って、本屋で平積みされていたこの本を買ってみました。続編は読まなくていいかなって思いながら読んでたけど、この終わり方されちゃ読みたくなるよ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年03月06日

第23回電撃大賞受賞作の大賞ということで手に取りました。ヒーローとヒロインが直接向き合う設定でないところにどのような物語になるのかと注目してました。

文体が少し独特で個性を感じさせてくれる点は良かったですが、複数の登場人物をもう少し掘り下げて人間ドラマを深くしてもらいたかった感は残りました。2人の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月26日

ああ、うん、続くのか。
これで終わったほうがきれいでいいのに。

最後のほうなんか久しぶりにくるものあったし。

進撃だ、という声もあったみたいだけど、自分的にはガンパレかファフナー。
進撃見てないし。

このレビューは参考になりましたか?

全巻のレビュー

86―エイティシックス―Ep.6 ―明けねばこそ夜は永く―

Posted by ブクログ 2019年05月28日

本書は、連合王国編の後編。
レギオンとの戦いに従軍するシンを始めとする86達は、前巻の攻城戦でシリン達が見せた自らの身体を喜んで犠牲する戦い方にショックを隠しきれない。
シリン達は人間ではないが、死者の脳を利用して作られた表情のある女性兵士型人造妖精だ。
彼女たちは、「勝利の為の死こそ我が目的」とば...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉

Posted by ブクログ 2018年06月24日

シンたちとレーナが再び出逢うまでの戦いを描いた後編。
うん、期待を裏切らない良い出来だった。

超長距離砲攻略戦の一部始終が描かれて、息つく暇もない戦闘描写と次々繰り出される戦術に思わずのめり込んでしまった。
すごいなあ。
シンを行かすためにエイティシックスの仲間たちの『俺にかまわず先に行け』的展開...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

86―エイティシックス―Ep.6 ―明けねばこそ夜は永く―

Posted by ブクログ 2019年05月06日

連合王国編の完結回。
今回はさすがに前回ほどの衝撃はなかったなあ。
いや、いいことだ。

前回、死せる戦闘人形シリンたちの有様に衝撃を受けたエイティシックス達が、生きていることの意味自らに問うた今回。
ようやく、彼らの中に生きる意味が見つかったのだなあ。

戦闘場面は、今回は珍しくあまり心配しなかっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉

Posted by ブクログ 2018年11月30日

3巻までまとめて読みました。1巻から尻上がりにおもしろくなっていきます。ライトノベルを読んで涙腺が緩んだのはかなり久しぶりかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

86―エイティシックス―Ep.5 ―死よ、驕るなかれ―

Posted by ブクログ 2018年11月30日

相変わらず最高に面白かった。
今回は攻城戦。レギオンに占拠された難攻不落の城をどう落とすかという物語だったが、結末はネタバレになるので書けない・・・。
もう、ほんとにこの小説はライトノベルじゃないよね。確かに美少女が主人公でラブな要素あるけど、それを圧倒的なまでに押し流す冷酷で破壊的な戦場描写。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

86―エイティシックス―Ep.4 ―アンダー・プレッシャー―

Posted by ブクログ 2018年08月08日

半分くらいはラブコメみたいな流れだった。今までが結構シリアスだったからギャップが面白かった。特に、レーナとフレデリカのやり取りとか。
終盤になるとレギオンの進化がすごかった。とうとう知性を獲得した。
次巻からの戦いがヤバい。

このレビューは参考になりましたか?

86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉

Posted by ブクログ 2018年08月04日

シン達、スピアヘッド戦隊が連邦軍として戦場で戦うのがメインの話。
兄を討ってから自分の道を探せないシンの苛立ちとそれをラストにほぐしたレーナのやり取りが良かった。
自分のやりたい事を見つけるのって難しいよなぁ。1人で悩まず他人を頼ることも必要と思える一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

86―エイティシックス―Ep.2 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈上〉

Posted by ブクログ 2018年06月30日

1巻ラストに描かれていた、シン達とレーナが合う間の話。シン達は連邦側でレギオンで戦い、レーナは共和国で戦う。レギオンの突然の大攻勢からそれぞれの視点から進行している感じ。
前後半で分かれているので、早速後半が気になる!

このレビューは参考になりましたか?

86―エイティシックス―Ep.4 ―アンダー・プレッシャー―

Posted by ブクログ 2018年06月29日

「86」シリーズの最新作。初めてレーナとシンが一緒に戦う共同作戦ということで最初の三分の一は文字どおり”ライト”ノベル感バリバリなのだが、その後戦闘に入ってからはいつもの「86」の悲壮感と絶望感の効いたストーリーにはいっていくという「86」ファンの期待を裏切らない展開。戦闘シーンも巻を追うごとに読み...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉

Posted by ブクログ 2018年03月30日

続編だけど、1巻のラストとの繋がりを描いた物語なので、結末がわかってしまっている分面白さ(ドキドキ感)は半減するが、それでも面白さは失われていない。四巻が待ち遠しい。

このレビューは参考になりましたか?