アイダサキのレビュー一覧

  • サイメシスの迷宮 逃亡の代償
    途中、止まれずどんどん読んでしまいました。残酷な事件描写があるので苦手な方もいるかもしれませんが、しっかりとした推理小説です。本当に面白い…世界に引き込まれます…。BLしか読んでないファンも多いので、もっとたくさんの人に読んで貰いたい。(推理小説が怖くなければ)
    最後は背中がゾクっとして終わります…...続きを読む
  • サイメシスの迷宮 忘却の咎
    今、読み終わって、途方にくれてます。後半から一気にのめり込んでしまい、私自身が羽吹さんの迷宮に一緒に迷い込んだ感覚になり、くらくら軽い目眩を起こしました…。とても面白いのですが、3冊連続でどっぷり読んでしまったので苦しいです。(これでも少し間に漫画本など読んで、沼になり過ぎないようにしたんですが)
    ...続きを読む
  • サイメシスの迷宮 完璧な死体
    アイダサキ名義の小説初読み。(英田サキ名義は大ファンです)文章、推理、背景、キャラクター、全て素晴らしいです。特に主人公の羽吹允の能力、性格、背景、描写が素晴らしく…先生の作品の中の登場人物の中で一番大好きになりました。BL作品が好きな読者の方も、推理小説(死体が出てくるので)が大丈夫な方はぜひ読ん...続きを読む
  • サイメシスの迷宮 忘却の咎

    続きを…早く続きを!!!

    事件があって解決して〜一冊で完結しているようで繋がっていて…今回は三作目でそろそろ全体の佳境に入ってきたのではないだろうか?もう主人公の羽吹の生い立ちが辛すぎて早く事件を解決してスッキリして欲しくなります。誰が犯人なんだろう?この人が怪しいけどそうしたらこの人危なくない?なんて考えると止まらなくなる...続きを読む
  • サイメシスの迷宮 完璧な死体

    良いコンビだなあ

    BL小説ではないけど、そんな雰囲気もあり、ミステリーとしても楽しめてどちらも好きな自分にはお得な感じでした。見たもの全てを記憶して忘れない、というのは便利な気もしますが、辛い記憶や忘れたいことも忘れられないのはキツいですね。
  • サイメシスの迷宮 逃亡の代償

    確かに迷宮

    幼い頃に誘拐され、その後超記憶症候群になり
    誘拐され戻ってきた時以降の全ての出来事を憶えている羽吹允。誠実でオカン気質?の後輩刑事、神尾と特異犯罪分析班として事件解決に挑んでいく。個性的で扱いにくいとされる羽吹と少しずつ信頼関係?を築こうと前向きな姿勢の神尾のコンビが面白い。羽吹にまとわりつく暗い...続きを読む
  • サイメシスの迷宮 逃亡の代償

    続きが気になります!

    2巻目になり、だんだん2人の息が合って来たような気がします。今回は幼い子供の事件で、切ない場面もあり泣けてしまいました。
    最後で羽吹の同級生の言葉に鳥肌が立ちました。
    早く次が読みたい‥です。
  • サイメシスの迷宮 完璧な死体
    すごくおもしろかった。警視庁特異犯罪分析班という部署の神尾とプロファイラー羽吹を主軸とした推理小説。BLの英田先生はよく読むけどBLじゃないアイダ先生は初読みです。記憶を忘れることができない長記憶能力を持ち性格も少々難あり、バックボーンも組織の人間的には面倒な盛りだくさんの羽吹とコンビを組むことにな...続きを読む
  • サイメシスの迷宮 完璧な死体

    やっぱアイダさん面白い

    アイダさんは別名義の作品、デッドロックシリーズでハマりました。一般向け作品を読むのは初めてでしたが楽しめました。私にとって羽吹の行動はツンデレのツンの部分に感じていて。いつか盛大なデレを見たいなと思っています。
    羽吹の過去と合わせて最後の謎の人物が気になります。続刊が楽しみです。あと五十川ってやつ、...続きを読む
  • サイメシスの迷宮 完璧な死体
    続きが気になる感じですごく面白かった。
    序盤の主人公が初登場したページに登場人物が3人まとめて登場されて、そのあとのページにも複数人まとめて初登場されていて、これが別々のページになっていたら人物を確認するために何度もページをめくり確認しなくてはならないかと思って助かった。
    そして、講談社タイガ初めて...続きを読む
  • サイメシスの迷宮 完璧な死体

    面白い!!次回が楽しみ!

    この本を読んで膨大な情報からプロファイルしているのだと感心させられました。新しく組む事になったコンビ刑事が連続殺人を追って、ギクシャクしながら犯人をプロファイルしていくのがとても面白いです。記憶を忘れられないプロファイラーが、小さい頃に巻き込まれた事件も凄く気になる事になっています。次のお話が早く読...続きを読む
  • 永弦寺へようこそ 幽霊探偵 久良知漱
    内容をチラ見して気になったので、購入した本。少女向けのラノベ買ったのって、久しぶり。

    下町の雰囲気が出ているのもいい。
  • サイメシスの迷宮 逃亡の代償
    なかなか残酷な事件だった。。。
    面白かったけど、怖かった。
    笑いすぎるニコちゃんマークがメンタリストのレッドジョンを彷彿させる。

    2020.4.5
    47
  • サイメシスの迷宮 忘却の咎
    面白かった。誘拐当時の記憶が断片的に戻ってきた羽吹。自分の出生の秘密も。怪しいな…ってあえて?思わせている人物がいるけどそうなのかな?
    猟奇的なので気味悪い感じも相まって一気読みした。
  • サイメシスの迷宮 完璧な死体
    キャラクター設定がうまい。
    さすがBLで書き続けてきただけあって、人物を書き込む力はあるな、という感じ。
    それどけではなく警察組織のことや犯罪捜査のシーンなどもリアル。

    帯に「サイコホラー、警察小説、キャラクター小説と3つのターボエンジン」という有栖川有栖の解説があるけど、まさにそれ。

    羽吹の過...続きを読む
  • サイメシスの迷宮 忘却の咎
    私もブラックアウトしたくなるような終わり方!!

    きっと、もっと何かあるんだろうな。
    私の小さい脳みそでは先が見えない。

    きゅーーんと心臓が絞られそうな・・・

    トイレに行くのが怖くなるのは、こういう得体のしれないことを訳も分からず想像もどきしてしまう時。

    どうしたらいいのよ~~~
    ・・・勝手に...続きを読む
  • サイメシスの迷宮 逃亡の代償
    八年前の幼女連続殺人事件を模倣した猟奇事件が発生。事件の真相としては、彼の人の罪は重い…と思う。優しさじゃないと思う。

    前巻ではさほど…なコンビ関係もだんだん阿吽の呼吸が整ってきたので良かった!そして引き続き羽吹の過去。あのマーク、思わず書いてみたよね。すげぇ癖字w
  • サイメシスの迷宮 逃亡の代償
    メインキャラである羽吹允は、特異な人物である。

    卓越した観察力&推理力を持つ優秀なプロファイラーなのだが、壮絶な過去を持つせいなのか、協調性ゼロで偏屈、あきれるほど場の空気を読まない、とにかく取り扱い困難な人間なのだ。

    子どもの頃、何者かにさらわれ、そのまま一年間、行方知れずになる。

    さらわれ...続きを読む
  • サイメシスの迷宮 完璧な死体
    過去の事件がきっかけで忘却機能を失い、本人の意思関係なくなんでも記憶してしまうというスーパー記憶能力を持つ捜査官・羽吹。そして彼とバディを組むことになった配属されたばかりの神尾。バディものだけど、まだ仕事仲間の範疇かな。神尾の魅力が今回ではいまいちだった。
    目がくり貫かれた女の死体が発見され、羽吹は...続きを読む
  • サイメシスの迷宮 完璧な死体
    「偏屈で協調性がない。人の話を聞かない。上司の言うこともきかない。自分の仕事以外は眼中にない。呆れるほど空気を読めない…」

    もし、こんな人物が相棒だったり、上司だったり、部下だったり、あるいは、自分の周りをウロウロしていたら…。

    ただ、こういう人間は、心に硬い鎧を着せていて、その中身は非常に柔ら...続きを読む