サイメシスの迷宮 忘却の咎
  • 最新刊

サイメシスの迷宮 忘却の咎

作者名 :
通常価格 759円 (690円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

天才プロファイラー・羽吹允は、九歳のときに誘拐され、一年後に発見されてから、超記憶症候群を発症していた。二十年ぶりに会った小学校の友人からもたらされた情報は、最近起きた事件と過去の誘拐を結びつけるものだった。記憶を丹念にサーチする羽吹に見知らぬ番号からSMSが届く。指定された部屋にあった変死体は、過去の事件の関係者。羽吹の記憶の扉は開くのか。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社タイガ
電子版発売日
2019年04月18日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

サイメシスの迷宮 忘却の咎 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月23日

    今、読み終わって、途方にくれてます。後半から一気にのめり込んでしまい、私自身が羽吹さんの迷宮に一緒に迷い込んだ感覚になり、くらくら軽い目眩を起こしました…。とても面白いのですが、3冊連続でどっぷり読んでしまったので苦しいです。(これでも少し間に漫画本など読んで、沼になり過ぎないようにしたんですが)
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    続きを…早く続きを!!!

    かいと 2020年06月29日

    事件があって解決して〜一冊で完結しているようで繋がっていて…今回は三作目でそろそろ全体の佳境に入ってきたのではないだろうか?もう主人公の羽吹の生い立ちが辛すぎて早く事件を解決してスッキリして欲しくなります。誰が犯人なんだろう?この人が怪しいけどそうしたらこの人危なくない?なんて考えると止まらなくなる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月26日

    私もブラックアウトしたくなるような終わり方!!

    きっと、もっと何かあるんだろうな。
    私の小さい脳みそでは先が見えない。

    きゅーーんと心臓が絞られそうな・・・

    トイレに行くのが怖くなるのは、こういう得体のしれないことを訳も分からず想像もどきしてしまう時。

    どうしたらいいのよ~~~
    ・・・勝手に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月13日

    天才プロファイラー・羽吹允シリーズ三作目。
    最近起きた事件と過去に誘拐された事件とが結びついてくる。見知らぬ番号から羽吹宛てにSMSが届くなど、犯人だろう人物からの接触もあり、どう事件が進んでいくのか続編が更に気になった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年08月16日

    面白かった。誘拐当時の記憶が断片的に戻ってきた羽吹。自分の出生の秘密も。怪しいな…ってあえて?思わせている人物がいるけどそうなのかな?
    猟奇的なので気味悪い感じも相まって一気読みした。

    このレビューは参考になりましたか?

サイメシスの迷宮 完璧な死体 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • サイメシスの迷宮 完璧な死体
    警視庁捜査支援分析センターに配属された神尾文孝は、超記憶症候群の上司、羽吹允をコンビを組むことになる。配属初日、日野市で発見された女性の遺体は銀色の繭に包まれ、美しいとも思えるものだった。都内で連続する事件。羽吹の記憶と洞察力が冴え渡る。
  • サイメシスの迷宮 逃亡の代償
    東京都下で起きた女児殺害事件。超記憶症候群のプロファイラー・羽吹允は、遺棄の状況から8年前の和光市女児連続殺害事件を模倣していると気づく。和光事件の犯人・入谷謙一はふた月前に獄中で病死していた。相棒の神尾文孝とともに、羽吹が入谷の周辺を聞き込むうちに、第2の事件が。第1の事件との微妙な差異に違和感を覚えた羽吹は、超記憶を駆使して事件の真相に迫る。
  • サイメシスの迷宮 忘却の咎
    天才プロファイラー・羽吹允は、九歳のときに誘拐され、一年後に発見されてから、超記憶症候群を発症していた。二十年ぶりに会った小学校の友人からもたらされた情報は、最近起きた事件と過去の誘拐を結びつけるものだった。記憶を丹念にサーチする羽吹に見知らぬ番号からSMSが届く。指定された部屋にあった変死体は、過去の事件の関係者。羽吹の記憶の扉は開くのか。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています