岡篠名桜のレビュー一覧

  • 屋上で縁結び
    主人公は、どこにでもいるような女性だが、彼女の長所は「人の名前を覚えること」
    殺人事件など大きな事件は起きないが、“ビルの階段を何度も昇り降りする女性”や“絵付教室で作成途中のこけしが盗まれる”など何気ない日常の中で起こった不思議な出来事を彼女の長所を活かして解いていくミステリー。
    「屋上で縁結び」...続きを読む
  • 西洋古家具店アシュリと白い猫
    アンティークショップ「アシュリ」を中心とした日常で起こる小さな謎に関するお話。個人的にとても好きな雰囲気でした。見た目によらず、お人好しな店長と田舎育ちの季子は何だかんだで良いコンビ。尚人さんとキミさんがメル友であることにほっこり。猫で始まり、猫で終わる収まりの良い一冊ですが、これ一冊で終わってしま...続きを読む
  • 西洋古家具店アシュリと白い猫
    何をきっかけで借りようと思ったのか忘れたけど・・・(笑)。すんごいきれいなハードカバーでした。2016年7月初版やから、最近やんね。

    もちろん初めて読む作家さん。
    ちょっとくたびれた日やったのであくびまじりに読んだんやけど、不思議な世界観で面白かった。
    心地よい関西弁もいい。季子ちゃんがお住まいの...続きを読む
  • 見ざるの天神さん 浪花ふらふら謎草紙
    図書ボランティアさんからお借りした、
    初めて読む時代小説。一気に5冊も貸してくれて…
    1巻ではちょっとどうかな~とおもったけれど、2巻目で段々主人公の花歩ちゃんが可愛く思えてきた。あと3冊、楽しく読めそう。たまには全然違うジャンルもいいもんです。
  • 見ざるの天神さん 浪花ふらふら謎草紙
    花歩のまわりで起こる“事件”は、優しい。
    花歩自身が、それらの“事件”に深く入り込んで解決するわけでもないのに、いつでも花歩がまとう柔らかい雰囲気を感じるのはなぜだろう。
    江戸時代の市井の人々の体温を感じるような、自然で優しい文章が心地いい。
    今まで読んだ時代小説の中で一番、江戸時代を近くに感じた。...続きを読む
  • 浪花ふらふら謎草紙
     捕り物帖ではない時代劇、それに舞台が大阪、ぱらぱらっと見た文体も読みやすそうだったので衝動買い。期待どおり楽しく読みました。
     街全体に見守られ育てられたというヒロインが良かったです。物怖じしなくて、でも厚かましくもなくて、ほどよい感じのおてんば娘。

     関係ないけど故中島らも氏が言ってた市場の特...続きを読む
  • 花の懸け橋 浪花ふらふら謎草紙
    浪花ふらふらシリーズ5作目。
    一之介からの提案に花歩は悩みつつも、町案内を続けているが。シリーズ最終巻。

    父の行方の謎は4・5巻で駆け足で書かれ描写不足な感じ。
    千代ちゃん、そんな小さい時から恋心があったんだなぁ
    花歩を守るために武士になって、ずっと守っていたなんてラストに甘いエピソード。恋模様は...続きを読む
  • 芝居巡り 浪花ふらふら謎草紙
    浪花ふらふら謎草紙 シリーズ4作目。
    今回も花歩は町案内のお客さんが巻き込まれた事件に助けに入ったり、佐名ちゃんの縁談相手が関係していたり…。

    花歩と千代ちゃんの関係はあいかわらずもどかしいですが、今作で大きく動いた!(周りが)
    そして明かされなかったままの平左の謎は…
  • 雪の夜明け 浪花ふらふら謎草紙
    浪花ふらふら謎草紙 シリーズ3作目。

    今作も町歩きの傍ら、千代ちゃんとの関係も進展してるのやらしてないのやら…ヤキモキの初々しさ。千代太郎わかりにくすぎ、花歩も鈍感すぎな(笑)
    父の手がかりも見つかるも暗雲が…
  • 見ざるの天神さん 浪花ふらふら謎草紙
    浪花ふらふら謎草紙 シリーズ2作目。
    大坂の街案内をする花歩。人情味のある時代小説。

    見ざるの天神さん、七墓めぐり、浪華御役録録の3話。
    今回は父親探しは小休止、旅籠のお客さんの引き起こすエピソードや恋のライバルらしき人物登場。
    七墓めぐりに出てきた「おいと」が可愛かった 江戸時代の子供って小さい...続きを読む
  • 屋上で縁結び 日曜日のゆうれい
    白い幽霊騒動は表紙がネタバレ的。他、元彼の付き纏い等の全四編。各話の流れが滑らかでぶつ切りにならない。シングルファーザーの神主の幹人と苑子のほのかな関係と進展が柔らかい。一巻にもあった気もする幹人のチャラ男的に思える要素も今巻では前半に少しあっただけでいつの間にか何だか真摯。息子の陽人が可愛いなあ。
  • 屋上で縁結び
    応募した事務ではなくビルの受付担当として再就職した二十七歳の苑子と、こけしの絵付け講座からの窃盗他の謎たち。苑子の現実にいそうな地味さが良い。屋上の分社で三十一歳の神主と弁当とお供え物の和菓子を分け合うランチタイムも微笑ましい。気分を害されても嬉しそうに自信ありげに押す彼のずるさに若干モヤッとした。
  • 屋上で縁結び
    ■地味目アラサー×カジュアルすぎる神主が出会ったのは、神社@ビルの屋上!?

    勤め先が倒産し、再就職活動中の苑子。生来の地味さゆえか連敗中のある日、面接会場の窓から遠くのビルの屋上に建つ神社を見つけ、神頼みをする。数日後、採用が決まったのは、なんとその神社があるビルの受付だった。初出勤日の昼休み、何...続きを読む
  • 見ざるの天神さん 浪花ふらふら謎草紙
    【収録作品】見ざるの天神さん/七墓めぐり/浪華御役録 
     罪の意識から罰を当てて欲しくてわざともめ事を起こす男、気の弱さを克服するためわざわざ夜中の墓めぐりを言い出す僧、花歩に嫌がらせをする町歩きの同業者。人の善意と悪意が浮き彫りになる三作。
  • 春の雨 手習処神田ごよみ
     旗本の父の急死後、弟の幸太郎が元服して家を継ぐのを望みに、手習処をしながら理与は上谷家を支えていた。ある日手習処の帰りに子どもが攫われて……
     ヒロインの理与よりも少年・幸太郎の印象が強く残る。
  • 夏の嵐 手習処神田ごよみ
     上谷塾に新しい手習子・竹之助がやってきて、幸太郎のよい競争相手となるが、曰くありげで……
     理与が弟を護る、というよりも、幸太郎の成長物語のようだ。
  • 西洋古家具店アシュリと白い猫
    大阪ミナミの雑居ビルにある、「ビンテージ&アンティークショップ アシュリ」。アメリカのミッドセンチュリー家具を中心とした西洋古家具店だ。ふと訪れた女子大生の季子は、店頭にあった猫のブックエンドを誤って壊してしまったのをきっかけに、アルバイトをすることになった。時を経た家具に囲まれた店は落ちつくけれど...続きを読む
  • 西洋古家具店アシュリと白い猫
    連作短編4編
    世間ずれしてない田舎の香りのする,大学1年の季子と,愛想がないけれど親切な店長,アンティーク家具屋を舞台にちょっとした謎を解いていく.
  • 西洋古家具店アシュリと白い猫
    【収録作品】アシュリ/ヘヴンズビューロー/メモリー/ラッキーキャット 
    *昨今ありがちな題材だが、そこまで灰汁の強い人物もおらず、突拍子のないことも起こらない。居心地のよさそうな空間で、読み心地がよい。
  • 春の雨 手習処神田ごよみ
    シリーズ第一弾
    訳ありの一家?二人の娘と弟、そしてその母
    解消された元許婚の男と正体不明の武士
    三千石の旗本の隠し子を巡り暗躍が?