佐藤将之のレビュー一覧

  • amazonのすごい会議―ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法
    無駄や非効率を生まないための会議
    ファシリテーションの方法について探索しているときに発見

    会議を目的に合わせて設計する、
    準備が重要
  • amazonのすごい会議―ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法
    ナレーティブでの資料作成、会議冒頭の黙読、会議の目的の明確化(意思決定会議では3Wを決める)なの参考になった。
  • amazonのすごい会議―ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法
    資料はナレーティブを推奨。
    後で見返したときに解釈のずれがないように。
    黙読の時間を作るのも使えそう。

    KPIを決めて、細かく成果確認が必要

    会議で話が脱線したら避けて書いておく
    掘り下げない
  • amazonのすごい会議―ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法
    誰もが不思議だと、非効率だと考えに持つものを、ルール化していスリムにしている会社だと思う。

    結局、組織が大きくなると末端までは評価見極められない。箇条書きではない文章、語彙力を高めるという事はその役割を果たすのである。
    いつでも、誰が見ても、理解できると言うことが重要。

    依存から始まり、、主体的...続きを読む
  • アマゾン式 変わり続ける力
    バスケのピボットのように、軸足がしっかりしている(変わらないものがある)からもう一方の足を360度自由に動かせる(変われる)という話が印象深い。
  • 1日のタスクが1時間で片づく アマゾンのスピード仕事術
    1%の効率化は1日5分。
    今週の目標は?を自問し、即答できるようになる。
    お客様が喜んで対価を払いたくなるプロセスにリソースを割く。
  • 1日のタスクが1時間で片づく アマゾンのスピード仕事術
    スピードの重要さと、人・物・金・時間の四つのリソースを持つマネージャーの位置付けなど、大変に勉強になることが多かった。

    また1ページ、6ページに資料のまとめるとのやり方は、実際の業務に活かせそうなので、試してみようと思う。
  • アマゾンのすごいルール
    お客様のためにを追求している会社。大手でありながら成長にコミットしている。見ている世界が今の自分とは全然違うと感じました!
  • amazonのすごい会議―ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法
    ✔️1ページか、6ページ、
    ✔️箇条書きだと、行間読む。なので、ワード
    ✔️リリース文が理想
    ✔️質問出ずに沈黙で終わるのが理想
  • 1日のタスクが1時間で片づく アマゾンのスピード仕事術
    一人の社員向けとしてのものと会社を運営する立場のものが半々ぐらいの印象。
    ・物事を数値化して的確な判断すること。
    ・機械に任せられる仕事はないか考えること
    などを考える癖をつける

    起業の直前に再読したい
  • アマゾンのすごい問題解決
    本の内容についてはタイトルの通り。

    ■得た内容
    ・責任範囲を明確にする
     ・柔軟に権限を移譲する
     ・但し、移譲先の判断の責任は必ず移譲元が負うこと
     ・移譲先は、判断内容を必ず移譲元に報告する
    ・社員の次の段階で求められるレベルを明確に提示する
    ・目標の達成度合いはこまめに上司が確認する
     ・わ...続きを読む
  • アマゾンのすごいルール
    良い会社だ!
    ・種を植えることの重要性
    ・逆算して考える
    ・お客さんはそれによって喜んでくれるの?
  • アマゾンのすごいルール
    長期的な視野に立った
    理詰めな経営戦略。
    わずか20年足らずで、日本の
    小売り、流通をガラリと変えただけの
    ことはあると思った。

    リーダーシップ14カ条など
    大変参考になった。
  • amazonのすごい会議―ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法
    意味のある効率的な会議をするためのノウハウが書かれている。
    ただし、ノウハウだけでなく、土台となる「OLP」があってこそ。

    ★ノウハウ
    ・情報伝達会議はなくす
    ・パワポ、箇条書きは禁止。誰でも、いつでも、正しく伝わるように文章で書く。
    ・会議は沈黙スタート
    ・パーキングロット
     大事だけど、本題か...続きを読む
  • amazonのすごい会議―ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法
    ポイントは次のとおり。
    ■6ページャーの記入例
    サービスの定義と概要、予算の見通し、スケジュール、販売価格、想定顧客数、チーム編成、うまくいかなかった場合のバックアッププラン、財務情報、ROI
    ■シンキング・バックワーズのテンプレート
    解決したい課題は何か、それによってお客様はどのような痛みを感じて...続きを読む
  • 1日のタスクが1時間で片づく アマゾンのスピード仕事術
    情報にヒエラルキーはいらない
    これは日本企業にとても多い無駄だと思う。
    ぜひ改善したいところ。

    101の記載もあり
  • アマゾンのすごい問題解決
    最近、いかに仕事をシンプルに行うかを頭に入れ、客観的に仕事(仕組み、作業、行動)を見る様に心掛けている。
    この本にも、
    ①本当に必要な業務を優先的に行っているか?
    ②やらなくて良い仕事、無駄な仕事をしていないか?
    と書かれていた。

    その他は、あまり響く言葉な無かった…
  • アマゾンのすごいルール
    ◆リーダーシップ理念14カ条に基づいた、採用、評価、育成を行う
    ・顧客へのこだわり
    ・オーナーシップ
    ・創造と単純化
    ・多くの場合正しい
    ・学び、そして興味をもつ
    ・ベストな人材を確保し、育てる
    ・常に高い目標を掲げる
    ・広い視野で考える
    ・とにかく行動する
    ・質素倹約
    ・人から信頼を得る
    ・より深...続きを読む
  • アマゾンのすごいルール
    部下になぜ出来ないのかと言わない。
    どうすれば助けられるかを聞く。
    ほとんどの場合で正しい決断を行うこと
  • アマゾンのすごいルール
    仕事の基本は他社と大きくは変わらないと思うが、それを徹底していることと、そのための人を採用するための仕組みを徹底している。あとは、社長のビジョンが他者と大きく違うのだろう。