井上岳一(日本総合研究所)のレビュー一覧

  • Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命 ―移動と都市の未来―
    前作MaaSで100年に1度のモビリティ革命について非常にわかり易く描かれており、その第2弾・続編も読んでみた。
    日本における「移動」と「都市」の未来、そのプレーヤーがどのような動きをしようとしているのか、具体的な企業とその事例が描かれている。
    「DeepMaaS」「BeyondMaaS」2つの方向...続きを読む
  • Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命 ―移動と都市の未来―
    MaaS時代においては、公共交通機関の関係性は「競争」から「共創」へ変化していく。これまでは同一地域の競争関係の中で切磋琢磨しながら、互いのサービスを向上させてきた。いわゆる競争関係である。今後は、良い意味での緊張感のある状況で、共創関係をどのように構築するか、エコシステムをどのように構築するかがポ...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    結局のところMaaSってなんなの?何をもってMaaSなの?ってのを説明できるようになりたいなと思って購入。
    日本市場でMaaSの実現に向けて、プレイヤーとして活動するMaaS Tech Japan社長の日高氏と、その他3名による共著。(ただし、本著の中でMaaS Tech Japanについては触れて...続きを読む
  • 日本列島回復論―この国で生き続けるために―(新潮選書)
    山水郷に未来を託す。
    利権をどう手放せるか?持て余してる人も相当数居るので再分配にアイディアが必要かな。
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    近年、IT技術が目覚ましい進化を遂げています。例えば、自動運転の開発や、AIを用いた技術など様々な技術が誕生しています。

    その技術をつかって、新しい社会をつくる構想があります。それがMaaS(Mobility as a Service)です。MaaSとは、マイカーという魅力的な移動手段と同等か、そ...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    maasに関する教科書的な一冊。現在の状況がよくまとまっており素晴らしい一冊。

    <メモ>
    ・Maasのレベルと社会インパクト
    レベル1 情報の統合 異なる交通サービスの情報が統合。マイカー以外の多様な選択肢の提供
    レベル2 予約・支払いの統合 チケットレスキャッシュレスによるシームレスな移動の実現...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    広告に推されて購入。

    感想。よくわかりました。MaaSは面白い。本自体も面白い。

    備忘録。
    ・フィンランドのMaasグローバル社によるWhim。これが最先端か。ヘルシンキ市内の鉄道・路面電車・バス・カーシェア・レンタカー・タクシーが一つのサービスとして統合され、一つのアプリでルート検索・予約・決...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    24

    最近はやりのMaaS!おもろかったぁー

    「Mobility as a Serviceとは、マイカーという魅力的な移動手段と同等か、それ以上の魅力的なモビリティサービスを提供し、持続可能な社会を構築していこうという全く新しい価値観やライフスタイルを創出する概念である。」
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    MaaS (Mobility as a Service)が近年注目を集めている。特にフィンランドのヘルシンキのWhimがマルチモーダルの月額制の交通サービスの開始を先行事例として、多くのMaaSと呼べるサービスが開始されており、いよいよMaaSが現実的なものとして捉えられている。
    本書は2018年1...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    有識者4名によるMaaS解説本。おそらく現時点での最高峰。

    特定の事業者からのまなざしに偏らず、都市・地方部の課題や技術革新とともに欧米でどのような地殻変動が起こっているか、日本との違いは何か、などMaaS周辺の知見が満載されている。

    民間の公共交通が多数存在する特殊性、
    自動車産業の強さ。
    ...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    MaaSについての本。

    MaaSはサービスのひとつであるので、
    当然、その地域の人間のwant,tobeが絡んでくるはずである。
    当書では、シームレスな移動、決済など「便利になること」が多数書かれていた。それはそれで素晴らしいことですが、結局、目的のレイヤーが低いまま終わってしまった印象があります...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    MaaSの基礎的な知識が網羅されている良書。
    さらに、今後の各産業への影響、著者らのアイディアも記載があり勉強になる。

    個人的に、自動運転が普及した後のメンテナンスの大切さに触れている点が印象に残った。高度な技術を搭載した車が増えるほど、整備の難易度は上がり、人材の確保が難しくなる。
    現状、車の整...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    持続可能な社会を維持/構築するために何を再定義していくか、いま自動車産業に携わる中で大きなヒントを得られた。「社会問題を解決する」ことを深掘りする先に大きなチャンスが訪れる可能性が高い。
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    「移動を運ぶ側の視点で見るか、動く側の視点で見るか」
    「交通の世界では利用者のニーズよりも、提供者の都合が優先されがち」
  • Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命 ―移動と都市の未来―
    MasSとは
    MasSに関わる企業
    MaaSにより実現されるであろう未来
    MasSと各産業のつながり
  • Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命 ―移動と都市の未来―
    世界における事例を踏まえながら日本版MaaSの方向性・最新動向をわかりやすく伝えてくれる2020年3月の本。


    100年に一度といわれる変革が起きている中、どういった可能性がありうるのか、はたまた各種業界がMaaSと組み合わせてどういったことを始めているのか、そしてSmartCityとのつながりは...続きを読む
  • Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命 ―移動と都市の未来―
     MaaSはビジネスにするのが難しい。
     つまり、どうやってカネを稼ぐのか。
     今のところ、MaaSの概念はあれど儲けに繋がる方法は確立していない。
     では、現状何が起きているのかというとMaaSの概念を中心としたビジネスとビジネスの横串をさすこと。
     
     〇〇×MaaS

     この掛け算を繰り返し、...続きを読む
  • Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命 ―移動と都市の未来―
    「MaaS」が出版されてから1年と少し。日本国内におけるMaaSの状況は大きく変わった。
    本書の冒頭で次々と紹介される国産のMaaS、実証実験がその変化を雄弁に語っている。

    本書ではMaaSの最前線、そしてDeep MaaSとBeyond MaaSといった「MaaSの先」について触れている。

    ...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    Maasについてその本質と各国での取り組み、今後のアクションプラン等について解説した本。

    僕は東京に住んでいて、自動車はあまり使わず専ら地下鉄+徒歩での移動ですが、もう少しバスが上手く使えたら便利だろうなと思ったり、タクシーみたいな交通手段がもう少し安価に利用できれば効率的だと感じたりすることがあ...続きを読む
  • 日本列島回復論―この国で生き続けるために―(新潮選書)
    筆者の造語である山水郷。自然豊かで、しがらみや 競合企業がない、課題先進地であるがゆえに規制緩和をモデル的に進めやすい。そううまくはいかないだろうが、地域に住む人間にとっては勇気づけられる気がした。