井上岳一(日本総合研究所)のレビュー一覧

  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    maasに関する教科書的な一冊。現在の状況がよくまとまっており素晴らしい一冊。

    <メモ>
    ・Maasのレベルと社会インパクト
    レベル1 情報の統合 異なる交通サービスの情報が統合。マイカー以外の多様な選択肢の提供
    レベル2 予約・支払いの統合 チケットレスキャッシュレスによるシームレスな移動の実現...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    広告に推されて購入。

    感想。よくわかりました。MaaSは面白い。本自体も面白い。

    備忘録。
    ・フィンランドのMaasグローバル社によるWhim。これが最先端か。ヘルシンキ市内の鉄道・路面電車・バス・カーシェア・レンタカー・タクシーが一つのサービスとして統合され、一つのアプリでルート検索・予約・決...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    24

    最近はやりのMaaS!おもろかったぁー

    「Mobility as a Serviceとは、マイカーという魅力的な移動手段と同等か、それ以上の魅力的なモビリティサービスを提供し、持続可能な社会を構築していこうという全く新しい価値観やライフスタイルを創出する概念である。」
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    MaaS (Mobility as a Service)が近年注目を集めている。特にフィンランドのヘルシンキのWhimがマルチモーダルの月額制の交通サービスの開始を先行事例として、多くのMaaSと呼べるサービスが開始されており、いよいよMaaSが現実的なものとして捉えられている。
    本書は2018年1...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    有識者4名によるMaaS解説本。おそらく現時点での最高峰。

    特定の事業者からのまなざしに偏らず、都市・地方部の課題や技術革新とともに欧米でどのような地殻変動が起こっているか、日本との違いは何か、などMaaS周辺の知見が満載されている。

    民間の公共交通が多数存在する特殊性、
    自動車産業の強さ。
    ...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    MaaSという概念が日本でもキーワードとして普及してきた2018年の末に、その概念や現状、未来の方向性についてまとめられた本。 関わる業界の人にとって入門編として非常に勉強になるのではないか、と。

    レビューというよりも、「序章」の部分に書かれている筆者陣のこの心意気を紹介したいではないか。

    『そ...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    自社の今のスピード感では到底勝てると思えない。
    経営陣、マネジメントの意識(MaaSを本業の"付属"と捉える・協業相手より自社が優位にあると捉える、等)が変わらない限り、数年先に未曾有の危機に陥る。
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    ドイツでのシュタットベルケと公共交通の関係、エネルギーの自治と交通の自治はとても興味深い。公共交通の赤字をエネルギー自給の黒字で埋めるという考え方。参考になる。
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    MaaSに関する世界動向をまとめた本で非常にわかりやすい。田舎に住んでいる私のプライベート視点での感想は、早くMaaSが普及して、自動車の保有が不要となる世の中になって欲しい。そうすれば子供の送り迎え、駅から自宅までの嫁への送迎のお願い等、ややこしい部分が一気に解決。なお自動車業界で働くサラリーマン...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    ‪Mobility as a Service入門本。基礎から説明してくれるのでライドシェアと区別が付いていないレベルの理解だった自分でも読み進められ、非常に勉強になったと同時にむちゃくちゃ面白かった!交通サービスを統合アプリ化して便利にするだけでなく脱マイカー依存を促すことによる都市の最適化までも含...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    海外事例から国内でMaaSについてまとめられた分かりやすい内容。現在鉄道事業者で色々な取り組みがスタートしており、web でもいいので追記や改訂版を出してほしい。
    この本に書かれてる取り組みは、1年後には大きく変化してそう。。
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    移動のあり方に革命が起きつつあるが、そもこれはインターネットとAIが揃った時に行き着く必然たったように思う。個人の所有物だったクルマが公共交通機関へと位置付けが変わる未来は、SFでもあまり描かれなかった世界かもしれない。これは高齢化社会に対して「ラストワンマイル」を解決する最も近道にもなるはずで、他...続きを読む
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    MaaS に関する、現在の世界的な動向を知るのには十二分だと思います。
    個人的には、内容の体裁にメリハリが少なく、日本のビジネス書にしては若干読みにくく (自分の中でサマりにくく) 感じました。
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    依然として様々な問題が残る交通という一大産業において、タクシー・レンタカー/シェアリングカー・バス・自転車・電車等の様々な交通手段の情報取得・予約・決済等を統合し、ユーザにとって最も最適な交通手段を提示することを目指すMaas=Mobility As A Service。本書は現在手に入る関連書籍の...続きを読む
  • AI自治体
    AIの歴史的な話から始まり、自治体業務へのAI導入の可能性や実証実験について、更にはAI導入によって自治体の仕事はどう変わるのかについて書いてあります。
    本書を読む前からRPAによる事務作業の効率化くらいは想像できていましたが、税務、財務、法制執務、政策立案、果ては議会と、自治体業務の多くの分野への...続きを読む
  • AI自治体
    自治体にAIが普及するのは10年以上かかるんじゃないかな。首長、職員のITリテラシーが低すぎるし、そもそも効率化の意識・意欲がない。
  • MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ
    平成最後の大晦日が終わり、オリンピックの大河ドラマが始まり、何かと時代が変わるようなザワザワ感。

    Maasは都市にかかわる大きなプラットフォーム

    個人向けのサービスパーソナライズ
    複数の企業による産業の統合による最適化
    それによって行われる場所やサービスの再定義

    かつて自動車産業は高度成長期に...続きを読む