MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ

MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2030年、世界で100兆円以上に達すると予測される
モビリティサービスの超有望市場「MaaS(Mobility as a Service、マース)」。

自動車メーカーだけではなく、鉄道やバス、タクシーといった公共交通、
シェアリングビジネス、配車サービスをも巻き込む
「『100年に一度』のゲームチェンジ」で生き残る秘策とは---。

交通サービス分野のパラダイムシフトにとどまらず、
MaaSで実現する近未来のまちづくり、エネルギー業界から不動産・住宅、保険、観光、
小売り・コンビニまで、MaaSの「先」にある全産業のビジネス変革を読み解く、
日本で初めての本格的なMaaS解説書!

本書のポイント
●MaaSの「本質」が分かる
●MaaSの「ビジネス・インパクト」が分かる
●MaaS時代の「アクションプラン」が分かる
●MaaSによる「他産業のビジネスチャンス」が分かる
●MaaS時代の「アクションプラン」が分かる

巻末には、「モビリティサービス」「MaaSプラットフォーム」「MaaSオペレーター」の
3階層で、MaaSに取り組む国内外の主要プレーヤー200社以上を網羅(今後の予想も含む)
した「MaaSカオスマップ 2019-20」を収録。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / IT・Eビジネス
出版社
日経BP
ページ数
320ページ
電子版発売日
2018年11月28日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
27MB

MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年02月26日

    MaaSはスマホの画面(アプリ)から一括でDoor to Door のルート検索,移動モードの選択,予約,決済
    までを提供するサービス。

    MaaSはDoor to Doorの移動を提供するサービスなので交通事業者単独(鉄道,タクシー,ライドシェア 等)では運営が難しく,複数の交通事業者が連携して取...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月18日

    インターネットによって世界が繋がった。そして、IoTにおける物流や交通などのモビリティも繋げようと言う試み。
    本書ではワクワクするような未来が描かれているが、そのために日本が変わるべき事は山積みだ。
    とにかく法整備。一般では配車サービスなど現時点で行えないため、結局はタクシー業者などがするしかない。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月22日

    結局のところMaaSってなんなの?何をもってMaaSなの?ってのを説明できるようになりたいなと思って購入。
    日本市場でMaaSの実現に向けて、プレイヤーとして活動するMaaS Tech Japan社長の日高氏と、その他3名による共著。(ただし、本著の中でMaaS Tech Japanについては触れて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月03日

    近年、IT技術が目覚ましい進化を遂げています。例えば、自動運転の開発や、AIを用いた技術など様々な技術が誕生しています。

    その技術をつかって、新しい社会をつくる構想があります。それがMaaS(Mobility as a Service)です。MaaSとは、マイカーという魅力的な移動手段と同等か、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月27日

    24

    最近はやりのMaaS!おもろかったぁー

    「Mobility as a Serviceとは、マイカーという魅力的な移動手段と同等か、それ以上の魅力的なモビリティサービスを提供し、持続可能な社会を構築していこうという全く新しい価値観やライフスタイルを創出する概念である。」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月23日

    MaaS (Mobility as a Service)が近年注目を集めている。特にフィンランドのヘルシンキのWhimがマルチモーダルの月額制の交通サービスの開始を先行事例として、多くのMaaSと呼べるサービスが開始されており、いよいよMaaSが現実的なものとして捉えられている。
    本書は2018年1...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月17日

    MaaSに対する各国での取り組み現状と各産業への影響が端的にまとめてある。2018年出版と少々古新聞であり、またコロナ禍の影響が反映されていない内容であるが、自分のような初学者にはわかりやすくためになった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月20日

    目的Maasの基礎を把握し、現状と展望を自分なりにまとめる
    締切12/20

    MaaSの目的
    ◯あらゆるモビリティサービスの統合と、その最適化によって利用者や都市、交通の課題を解決する
    →マイカーの削減
    →車ではなくヒト中心のまちづくり

    MaaSによって実現されること
    ①移動のパーソナライズ化
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月17日

    MaaSについての本。

    MaaSはサービスのひとつであるので、
    当然、その地域の人間のwant,tobeが絡んでくるはずである。
    当書では、シームレスな移動、決済など「便利になること」が多数書かれていた。それはそれで素晴らしいことですが、結局、目的のレイヤーが低いまま終わってしまった印象があります...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月28日

    MaaSの基礎的な知識が網羅されている良書。
    さらに、今後の各産業への影響、著者らのアイディアも記載があり勉強になる。

    個人的に、自動運転が普及した後のメンテナンスの大切さに触れている点が印象に残った。高度な技術を搭載した車が増えるほど、整備の難易度は上がり、人材の確保が難しくなる。
    現状、車の整...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める IT・コンピュータ

IT・コンピュータ ランキング