アンドリュー・S・グローブのレビュー一覧

  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    p.64 根拠のある予測を立てる。
    そのためには適切な指標を用いて1人でせずに複数人に責任を持たせること。
    ▶︎おれ的に普段から予測を立てる練習とフィードバックをすることが大事だと思う

    p.72 品質を保証するためには、生産プロセスに検査ポイントが必要。また、最低のコストで受容できる品質を得るには...続きを読む
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    聞いたことあるけど実際何してるのかさっぱりなもの「マネジメント」
    ドラッカーの言うマネジメントの定義から始まらない本書で、やっと何をすればいいかわかった。
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    マネジャーとはどうあるべきか、日々の活動において何に注力すべきか丁寧に、具体的に書かれている。どのような組織に所属していても参考になるだろう。組織論や経営についても多くのエッセンスが詰まっており、何度も読み返して理解を深めたい。
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    表紙デザインから最近のマネジメントの本かと思ったら、初版は1984年という恐ろしいほどの古典だった
    ミドルマネージメントについて 1-10 までしっかりと丁寧に説明してあって、マネージャ層になったもしくはなる人には全員支給で読ませた方がいいんじゃないか、、、という内容
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    200229.翻訳が良く、ビジネス書ながら読みやすい。
    がっつりしたマネージャー本は初めてだったが、そうだよなーって点やなるほどがてんこ盛り。
    普段の仕事でもこの本を一つお手本に比較をしながら思考している。
    もう一度折を見て読み返したい。
    スタッガーチャートはとても有用。
    テコの原理もまさにそうだよ...続きを読む
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    中間管理職のやるべきこと気をつけるべきことはっきり示されている。抽象的理念的に行き過ぎず実際の現場感に立脚した内容であるところがいい。例えばマネージャー本人や部下の心理への配慮がさらりと織り込まれていたりして、机上の空論ではなく現場での試行錯誤の中から実効性の高いノウハウが抽出されている感じがする。...続きを読む
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    インテルの元会長であるアンディ・グローブの名著の再版したもの。絶版になっていた前の版は学生時代に読んだことがあったのだが、手元に置いておきたくであらためて購入。

    昔は気づかなかったのだが、社会人としてそれなりに時間を過ごした後だと、全編に渡って役に立つ情報が埋め込まれていることに気がつく。最初から...続きを読む
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    マネジメントとはどのようなものか、何に注目するのかについて丁寧かつ本質的に書かれている良書。マネージャーの普段行うことだけでなく、テコ作用に基づくマネジメントスタイルの変化や評価・採用についても書かれている。
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    「マネージャーのアウトプットとは、自分の組織のアウトプットと自分の影響力が及ぶ隣接書組織のアウトプットの合計である。」

    組織を営む全ての人が知っておいてほしい言葉であり、それさえ理解すればこの本を読む目的は達したと言える。

    もう一つ。自分の組織や周りのアウトプットの質を上げるには「プロセス中の付...続きを読む
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    今までに読んだマネジメント本の中で一番良かった。
    尊敬している上司や経営者の行動パターンと一致する内容が多くて納得感があり、それが本としてまとまっているので、今後繰り返し読み返すことになりそう。
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    マネージャーの役割りが明確に分かりやすいフレーズで表現されており、ついつい自分でやってしまうことを考えがちだか、それでは、限界があるので、折に触れて読み返すことで、マネージャーとしての能力を向上させるために役に立つと思う。
    成果を指標で管理する事の重要性を理解させられた。
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    Intel元社長の本。
    ミドルマネジメントの指針や振る舞いについて、自身の経験を踏まえて、パフォーマンスの出し方から教育の仕方までを述べている。詳細なアプローチをとっていることが読み取れるが、それよりも驚いたのが、多忙な社長自らが本書を執筆している点。多くの場合、経営者自らがレポートのごとく本を執筆...続きを読む
  • パラノイアだけが生き残る 時代の転換点をきみはどう見極め、乗り切るのか
    20年前の書だが、全然色あせることない。20年前、この本が書かれた頃は、Appleの社長はスカリー。Windowsは95、『イノベーションのジレンマ』はまだ書かれていないかなあ。"Intel inside"より前。ポーターの5フォースにひとつ項目を加えて見たりしているが、メモリー企業だったインテルが...続きを読む
  • パラノイアだけが生き残る 時代の転換点をきみはどう見極め、乗り切るのか
    働いていく中でとても役に立つヒントが散りばめられた内容。タイトルにある「転換点」つまり「潮目が変わった」ことをいかに見逃さないようにするか、そのためには「パラノイア」的素養が重要だよ。転換点を乗り越えるために「死の谷を超える」という話が印象に残った。
  • パラノイアだけが生き残る 時代の転換点をきみはどう見極め、乗り切るのか
    5F+1の環境が大きく変化した転換点をどう乗り切るかを、経験にも続き展開。9章のインターネットに関しては本当に20年前に書かれたものかと思うぐらい正確な話です。
  • パラノイアだけが生き残る 時代の転換点をきみはどう見極め、乗り切るのか
    1996年に刊行された本。でも、古さをあまり感じさせなかった。周囲の意見に耳を傾けながら、小さな懸念事項を一つずつ検討していくのは、文章で読むとさらっとしてるけど、実際はとても大変で疲れることだと思う。だからこそ、健康管理や睡眠が重視される(のかも)。

    個人的には9、10章が面白かった。

    9章は...続きを読む
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    インテルの創業者で元CEOのアンディ・グローブがマネジメントについて語った本。非常に実務的なことがことが書かれていて驚いた。中小企業診断士の運営管理や企業経営の科目で学んだ理論の一部が、実際にアンディ・グローブがインテルで実践してきたこととして書かれているように感じた。組織と人に関して、自身の経験し...続きを読む
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント

    まあ

    結局マネージメントってテクニックというか生き方じゃないか。性格そのまま出るよ。

    本読んでどうこうという話ではない。

    マネージメントする側であるという意識するきっかけにはなる本だとは思う。
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    ここ数年うちの会社でも取り組み始めた内容が多くある。そら勝てんわ。ミーティングや人事考課はとても参考になった。インテルならとうにクビやな。
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント
    部下の評価・動機付け・トレーニングに真剣に向かい合うマネジャーを少しでも増やす努力をしていかないといけない。マネジャーの昇格時研修とかでもっと真面目に説明しないといけないよね。優秀なプレーヤーが昇格対象になるのはもちろんだけど、そのままのマインドセットでマネジャーになっているケースが多すぎるのかもな...続きを読む